• ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15
  • ji-minsei-morikintan-15

【民生】象牙印章 60ミリ×15ミリ丸 盛金丹入り 鞘付き 実印

【民生】

今は亡き象牙の象嵌士「山崎民生(みんせい)」さんによって取り出された印材。

最も有名な象嵌士でもあり、また文化功労者賞を受賞された民生さんが手掛けた印材は、証としてその名と花押を彫り込まれ、現在ではほぼ全て入手困難となっています。
民生の銘入りの材料はどれもが特に厳選された象牙から作られているため、その独特なアイボリー色の魅力もさることながら、私たち彫刻士にとってはなんとも言えない硬いけど滑らかに刃物が走る感触が、他にはない独特な気持ちよさと緊張感を感じさせてくれます。
年代物のため保管状態に大きな違いがありますが、当社は専用セラーを用意し、仕入れたままの状態を維持し続けています。

 

【商品の特徴】

個人印として最も使いやすい60㎜丈×15㎜丸。
・印材に合わせジャストサイズにくり抜いた同じ牙から取り出した鞘(キャップ)付
・国内でただ1人の手作りケース職人さんによって、この民生用に完璧に誂えたワニ革ケース
・ワニ革ケースの肉池の蓋には、もう残り僅かで新たに製作不可能な象牙で作った牙蓋(げぶた)
と、最高峰にふさわしい全てが揃っています。

最後に最も特筆すべき点は、盛金丹。
印材より僅か1㎜ほど盛り上がる24Kの金丹は、他のどれとも一線を画します。
接着剤は一切使わず、象牙や金の温度によって膨張収縮する特性を活かし、互いに支え合う構造によって落下を防いでいます。
盛金丹は表面に盛り上がっているため、引っかかり取れてしまう可能性も高まりますが、そこまでも計算し尽くして落ちないように設計されています。
鈴印の盛金丹のストックは、こちらで最後になります。

人気の民生ですから使いやすいサイズからなくなる傾向がありますが、奇跡的に残っている一品です。

 

印の素材の最高峰は今も変わらずに象牙であることは言うまでもありません。捺印した際の印影は、鮮明かつきめ細やか。時間の経過と共に美しさを増していく様は、象牙をおいて他には存在しません。
また天然材特有の品質は初代より「象牙の品質はお店の信用」の言い伝えを元に、全て店主の目利きを担保にし、国内最高峰の素材のみを厳選して安心を提供します。
いずれも他ではなかなか手に入らない至極の一品。
本物は歴史が証明しています。

 

全長:60mm丈
印面:15mm丸
重量:22.3g
ワニ革(内側:鶴亀×青)燻金枠牙蓋福輪付ケース

納期は通常3週間程度、イメージチェックありで4週間程度頂いております。

 

種の保存法に基づき、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)経済産業省 登録番号 T-3-09-10013として環境省及び経済産業省管轄のもと、ルールに基づいて象牙印鑑、材料の取り扱いを行っておりますので、安心してお求めください。

販売価格(税別)
¥800,000
在庫状態
在庫僅少
個人実印書体
作成するお名前
イメージチェック
数量

こちらもおすすめ

¥0
¥0