お知らせ

【デッドストック】18Kを巻いた大きな鯨継印が入荷しました

現在マッコウクジラの印章は全国的に品薄となっています。
過去の捕鯨禁止に伴って入荷がなくなり、現在はIWCから脱退し再開されましたが、たに制作される予定はないとの理由です。
品数が少ないだけでなく、象牙よりも遥かに硬く、また独特の模様は他に類を見ません。

そんな中、非常に珍しい印材が入荷しました。

 

18Kを冠したクジラとクジラを繋いだマッコウクジラ印章

これまで牙継など、象牙と水牛をつないだ材料をご紹介してまいりましたが、こちらはクジラとクジラをつないだ非常に珍しい印材です。

クジラの歯は象牙と違いってあまり大きな素材でないため、長さ60ミリ×直径18ミリというサイズはなかなかとれなかったんです。
そのため今回の印は、小さい歯と小さい歯をつなぎ合わせ大きなサイズを実現させています。

 

特徴

牙継は水牛と象牙という異素材を繋いでいるため、つなぎ目は全く気になりません。
ところが鯨継は同素材ですから、中央に切れ目が入っていかにも繋いだ感が出てしまいます。
そのためつなぎ目に18Kリングを装飾することで、鯨のアイボリー色と合間って、逆に高級感溢れる仕上がりになっています。

そして特徴は18Kリングだけにとどまりません。

こちらの写真は、印材の頭部分と印面部分になります。
両方等もやや白味がかった部分がほぼ中央に見えるかと思います。
この白味がかった部分は歯の芯です。

通常の印材で、頭から印面なで真っ直ぐに芯が通っていることはほぼありません。
なぜなら天然材ですから、微妙に歪みが出るためです。
また仮に真っ直ぐの芯があったとしても、印材として強度の高いとり方をするため、多少斜めに入ったりするんですね。

対してこちらの鯨はどちらから見ても中央に配置されています。
これが鯨継の特徴で、小さい歯をつなぎ合わせる構造のため、それぞれ中央に芯をとりやすいのです。

またこちらは継材ならではの特徴なんですが、多くは上下で品質や模様が異なっています。
下手すると縦と横なんて組み合わせになっているものも存在していたそうです。
ところが写真では分かりにくいのですが、まるで1本の印材の中央にリングがあると見紛うかのように、均整が見事に取れています。

本当何度も見直すたびに、吸い込まれるような魅力があります。

 

ケースは手作りのKFワニ革ケース付き

ケースももちろん専用設計。
鈴印の最高峰、1つ1つ材料に合わせて手作りで木をくり抜くKFワニ革をご用意しました。

やはりアイボリー色を一番に引き立たせてくれるのは、この組み合わせ考えられません。

 

今回入手できたのは2本限りとなります

クジラ自体いまだに根強い人気を誇っていますが、本当に数は限られているのが現状です。
またこの18ミリというサイズが2本も入手できたのは、私自身も驚いています。
もし大きめのクジラをお探しの方は、もしかすると最後のチャンスになるかもしれません。

 

マッコウクジラはハクジラ類の中で最も大きく、歯のある動物では世界最大で、巨大な頭部形状が特徴。
そんな世界最大の生物の歯を加工して印章の素材にしたのが、マッコウクジラ印章です。
マッコウクジラの印章は、今や貴重品にもなりつつある象牙よりも遥かに希少性が高く、国内在庫数も数えるほどしか存在しません。
しかもその中でも状態が良く、かつ最高級品のみが許された輝きを保持する素材はほとんどなくなってしまっているのが現状です。
それらが鈴印に揃っている理由は、長い歴史の間に協力各社と築いてきた関係性に他なりません。

 

マッコウ鯨継18Kリング付60㎜丈×18㎜丸の購入はこちらから

 

 

マスターピース・デッドストックとは

【鈴印マスターピース】は、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章の素材のほとんどは天然材です。
天然であるということは一定でない、つまり品質には大きな個体差があるとも言えます。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級のレザーは最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されるのはご存知でしょうか?
そして残ったレザーが次に、一般市場に出回るのです。
つまり本当に良いものは、長年の歴史の積み重ねによって流通経路までも決まっています。
逆に言えば、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は長年に渡り、特別に良い素材のみを集めて参りました。
その結果として、優先的に優れた素材が集まるようになりました。
そしてそれらは専用セラーによって、厳重に保管されています。

マスターピース
傑作・名作

マスターピースはこちらから

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別な品々だからです。
ところが諸事情により、眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地の眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
つまり良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、鈴印デッドストックです。

デッドストックはこちらから