Loading...

【デッドストック】非常に珍しい牙継材(象牙+上白)が2本限定で入荷しました

HPに掲載の度に、あっという間に全て売り切れてしまう牙継(げつぎ)材。
その中でも特に貴重な品が、2本限定で入荷しました。

牙継材(象牙+上白)の特徴

これまでご紹介してきた牙継はいずれも、象牙+黒水牛でした。
対してこちらの印材は、象牙+白水牛(上白)。
もし記憶に残っている方がいらしたらありがたいですが、過去に1本だけ入荷したことがあり、あっという間にソールドアウトになりました。
鈴印の商品として過去に1本ということは、民生や鯨よりも貴重品であることは間違いありません。

こちらは印材の最高峰象牙と、ツノ材の最高峰(上白)を組み合わせた、非常に珍しい逸品です。
素材の希少性のみならず、見た目の美しさは息を飲むほどです。
今回の牙継材の特に優れたポイントは以下になります。

  • 長さが60㎜と牙継にしては珍しい標準サイズ
  • 印面サイズは11.4㎜とやや小ぶりなため、認印や銀行印として使いやすい
  • 印面は高品質の象牙のため、印面の虫食いもなく、使うほどに写りが良くなる
  • 本体はツノ材の上質な牛角の中でも最高峰の(上白)つまり、そこだけでも高級材です

 

牙継材とは

印章の材料としての最高峰は今でも変わらず象牙ですが、それ相応の価格にもなります。
対して、丈夫かつ比較的お手頃に入手できるのが水牛。ただし虫食いなどの心配がなきにしもあらず。
そして牙継材は、それらのメリットのみを上手に組み合わせたハイブリッド材です。
印章の中で一番大切なのは印面であることはいうに及びません。
その最重要箇所を使うほどに写りが良くなっていく上に変化の全くない象牙にし、影響の少ない持ち手の部分を水牛にして価格を抑えております。

 

不定期で牙継材が入荷する理由

牙継材は長年の使用に耐えうるよう、印面の象牙と本体部分の水牛をボルトで繋いでいます。
非常に特殊な技術を必要とするため、今では作れる職人さんが見つからず、追加生産の目処は立っていません。
そのため新品として入手することは叶わず、国内にある在庫のみとなっています。

鈴印では「デッドストック」と題して、信頼得る印章店様個々に眠っている印材を募っています。
タイミングはそれぞれ適宜ですので、不定期な入荷となっています。

最後に

鈴印デッドストックだからこそ実現した貴重な牙継(上白)材は、2本限定です。
またこの象牙+上白は、約2年ぶりの入荷となり、追加での入荷予定は今のところわかりません。
牙継材はコストパフォーマンスの高さから、掲載から時間を待たずに完売となるパターンが非常に多いです。
気になった方は、ぜひお早めに。

 

牙継材(上白)60㎜丈×11.4㎜小判の購入はこちらから>

 

 

 

マスターピース・デッドストックとは

【鈴印マスターピース】は、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章の素材のほとんどは天然材です。
天然であるということは一定でない、つまり品質には大きな個体差があるとも言えます。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級のレザーは最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されるのはご存知でしょうか?
そして残ったレザーが次に、一般市場に出回るのです。
つまり本当に良いものは、長年の歴史の積み重ねによって流通経路までも決まっています。
逆に言えば、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は長年に渡り、特別に良い素材のみを集めて参りました。
その結果として、優先的に優れた素材が集まるようになりました。
そしてそれらは専用セラーによって、厳重に保管されています。

マスターピース
傑作・名作

マスターピースはこちらから

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別な品々だからです。
ところが諸事情により、眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地の眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
つまり良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、鈴印デッドストックです。

デッドストックはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA