【デッドストック】超極上象牙を盛金丹にカスタムしました

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

超極上象牙を盛金丹にカスタムしました

デッドストックを開始してから本当毎回驚かされるのがバリエーションの豊富さです。
やはり自店のみですと、仕入れの際にはどうしても好みに偏ってしまいます。
ところが他店様から譲り受けているため、思いがけない素材に巡り合います。
今回ご紹介する印はお宝のように高品質にも関わらず一部に痛みが見られたため、その部分だけ新しくカスタムしました。

カスタム部分は上記画像をご覧いただくと分かりますように、盛金丹と呼ばれる上下の印です。
元々は銀の丹が着いていましたが、一部に傷が見受けられました。
そのままの分をお値段に反映してお安く提供する方法も考えられましたが、鈴印のお客様はいずれも印章を大切にされる方々です。
そのため傷モノは提供したくない。
そんな思いから、カスタムする方を選びました。

ちなみにこの「丹」、接着剤等は一切使われておらず、埋め込まれているんです。
ではなぜ落ちないのか?
図にすると以下のような感じです。

 

象牙で金丹を挟み込む形状です。
互いに支え合いつつ、温度で膨張する特性によって落下を防ぐという、緻密な設計となっています。
また盛り上がっている部分が多ければ多いほど引っかかり取れてしまう可能性も高まりますが、そこまでも計算し尽くして落ちないように設計されています。
もちろん金丹に使用される金は24Kです。
とまあ、途方に暮れるような緻密さがこの材料には隠されているんですね。

 

極上45㎜丈×15㎜丸のスペック

長さは通常の60㎜に比べ、45㎜丈とやや小振りな印。
直径は実印に最適かつ、銀行印としてもご使用いただける15㎜。

一番お伝えしたい点は、やはり品質です。
私たちは毎日印材に触れていますので、触った瞬間にある程度の良し悪しを判別することができます。
そんな中、いつものように送られてきた印材の中でも特に衝撃的な品質に巡り合いました。
うまく言葉では表現できないんですが、質感が高く、重量感もあり、吸い付くような肌触り。
「なんだ、これは!?」が第一印象でした。
せっかくですので象牙を切り出す職人さんに送り品質を確認していただいたところ、全く同じ印象を持たれたそうです。
つまり民生などの銘が入っていない材料としては、ほぼ最高級の品質であることは間違いないです。

それだけの材料でしたので、上記の通り盛金丹にカスタムし、品質に見合ったクオリティーに仕上げていただきました。
またそれだけでも希少価値の高い、鞘と呼ばれるキャップが付き、万が一の落下の際にも、極端な例としては火災の際にも印面を保護します。

ケースはもちろん印材に合わせ、新たに手作りのKFケースをご用意しました。
ちなみにKFケースはテレビ番組和風総本家にもご主演された、日本で唯一の手作りのケースを作られているメーカーさんです。
ぴったりのサイズを実現させるため、一度職人さんに印材をお送りし、それに合わせて作っていただきました。
そのため誂えた靴のように、スッと見事に収まります。

外を覆う革も、レザーの最高峰ワニ革の厳選された部位を贅沢に使用しており、使うほどに艶感も増し、手に馴染んでいきます。

 

最後に

鈴印デッドストックはその性質上、ほぼ全てが1本限りです。
その中でも素材の品質に関しては特別なランクに入ります。
痛みの見える状態ではなく、金丹やケースを新調して、品質の価値が最大に高まるようにカスタムしました。

このお値段でこの品質は、なかなか巡り合えないです。
だって私も偶然巡り合ったくらいですから。

 

極上象牙45㎜丈×15㎜丸盛金丹鞘付きの購入はこちらから

 

 

 

鈴印デッドストックとは

 

 

 

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 象牙の真実をまとめた「象牙専門」ページが完成しました

  2. 実印を作るときは責任者になるとき

  3. 【まとめ】他ではなかなか手に入らない鈴印オリジナル印章ケース〜中価格編

  4. ただ彫っているだけの動画

  5. 失って初めて気付く・・・♡

  6. 【デッドストック】18Kを巻いた大きな鯨継印が入荷しました

  7. 全国の佐藤様・鈴木様のお悩み解決します!

  8. ブログを更新しないと〇〇だと思われる 

  9. 水牛の虫食い防止「水牛メンテナンスシート」発売開始

  10. 血圧が下げ止まらない♡

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. オンライン相談について

  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  3. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  4. 実印製作のオンライン相談はじめました

  5. オールインワンミニ誕生

  6. なぜ実印は成人の際に、親から子へ送られてきたのか

  7. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  8. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  9. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  3. 3

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP