お知らせ

【デッドストック】認印にちょうどいい、小ぶりな民生が1本入荷しました

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

認印にちょうどいい、小ぶりな民生が1本入荷しました

印章に興味のある方なら、一度は耳にしたことあるでしょう。
『民生(みんせい)』
今は亡き象牙の象嵌士「山崎民生(みんせい)」さんによって取り出された印材。
最も有名な象嵌士でもあり、また文化功労者賞を受賞された民生さんが手掛けた印材は、証としてその名と花押が彫り込まれ、現在ではほぼ全て入手困難となっています。

民生36㎜丈×12㎜丸のスペック

長さは通常の60㎜に比べて24㎜短い36㎜丈とかなり小振りな印。
直径は認印に最適かつ、銀行印としてもご使用いただける12㎜。
もちろん実印としても登録可能なサイズです。

上下が分かる印として、「金丹」と呼ばれる24Kが埋め込まれています。
ちなみに金丹は、接着剤は一切使わず象牙で金丹を挟み込む形状です。
象牙と金が互いに支えあい、温度で膨張する特性によって落下を防ぐという、緻密な設計となっています。

また民生材の特長とも言える鞘と呼ばれるキャップが付き、万が一の落下の際にも印面を保護します。

ケースに関して、デッドストックは仕入れの段階で痛んでいる場合が多いため新たなケースに交換してますが、今回は仕入れたそのままを使用しています。
理由として表革が経年により光沢が増しているワニ革。そして何より朱肉を入れる部分の肉池の蓋に牙蓋が付いているためです。
牙蓋は今では新たに入手できないため、非常に貴重品となっています。
ワニ革部分に若干の傷等が見られますが、その分は価格に反映させていただきました。

 

状態は非常に良い

デッドストックを始めるにあたって一番懸念していたのは品質でした。
ところが予想に反して、現時点で素晴らしい状態の印材が集まっています。
正直こちらの民生は、鈴印に保管されているそれらと遜色ない状態です。
非常に綺麗な状態を維持し、大切に保管されていたのが見た目にもよく分かります。

具体的にはよくよく目を凝らすと、なんとなく色やけをしているようにも見えますが、全く気にならないレベルです。
上記の写真中央部分あたりがなんとなく変色しているのが分かりますか?その程度で、ほぼ新品と言っても過言ではありません。

最後に

鈴印デッドストックはその性質上、ほぼ全てが1本限りです。
また民生に関しては、まだそれほど数が集まっているワケではありません。
なぜなら全て保管状態が良いとは限らないからです。
鈴印で販売する以上、あまりに状態が悪いものはお取り扱いできません。
そのため徹底的に吟味してセレクトしていますので、ご安心ください。

鈴印で取り扱う民生作の印材において、多分これ以上お安く手に入る品は今後もないと思われます。
つまり最もお手頃な民生とお考えいただいて間違いございません。

 

デッドストック民生36㎜丈×12㎜丸の購入はこちらから

 

 

 

鈴印デッドストックって何?