【デッドストック】牛継60×10.5㍉が10本入荷しました

OFFICIAL

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

鈴印デッドストックの詳しくはこちらから

 

超希少な、牛継60×10.5㍉が10本入荷しました

また珍しい商品が入荷しました。

ぱっと見牙継に見えるこちらの材料、実は黒水牛と牛角を繋いだ材料なんです。
牛と牛を繋いだ継材。
これは私も初めて見ました。
本当に貴重です。

まず持ち手の黒水牛部分は、今までにない模様が入っています。
それにより鈴印でも人気の水牛「リアルブラック」を思わせます。
また印面が牛角の中でも最上級の上白。
そのためまろやかにとろけるような雰囲気を醸し出しています。

また、長さは現在主流の60㍉丈が今回の商品です。
長いことの利点は大きく2つ。
1.見た目の存在感が増す
2.とにかく捺しやすい

印面は10.5㍉と、鈴印では認印にカテゴライズしている大きさです。
また上下の印もあるため、捺印の機会が多い方に使っていただきたい印章になります。

 

こちらのアイテムの特に優れたポイントは以下になります。

  • 牛角(上白)+黒水牛(私も初めて見たくらい珍しい)
  • 長さ:60㎜(捺しやすい)
  • 印面:10.5㎜(認印に最適ですが、銀行印にも使いやすい大きさ)※実印登録は、地方行政によって登録できない場合もあります
  • 本体の水牛は染め無し材(通常の黒水牛は黒く着色しているが、染め無しは一切の加工をしていない天然種)所々に見られる斑点がその証拠
  • あたり付(上下が認識できるよう「あたり」と呼ばれる切り込みが入っている)
  • 数量:限定10本

 

 

 

牛継材60×10.5ミリの購入はこちらから>

 

 

_________________________________________________

マスターピース・デッドストックとは

【鈴印マスターピース】は、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章の素材のほとんどは天然材です。
天然であるということは一定でない、つまり品質には大きな個体差があるとも言えます。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級のレザーは最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されるのはご存知でしょうか?
そして残ったレザーが次に、一般市場に出回るのです。
つまり本当に良いものは、長年の歴史の積み重ねによって流通経路までも決まっています。
逆に言えば、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は長年に渡り、特別に良い素材のみを集めて参りました。
その結果として、優先的に優れた素材が集まるようになりました。
そしてそれらは専用セラーによって、厳重に保管されています。

マスターピース
傑作・名作

マスターピースはこちらから

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別な品々だからです。
ところが諸事情により、眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地の眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
つまり良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、鈴印デッドストックです。

デッドストックはこちらから

 

 

 

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. オリジナルゴルフタグ発売への経緯

  2. オリジナルゴルフタグ発売開始(鈴印オリジナルSK印相体バージョン)

  3. 鈴印オリジナル印鑑書体「SK印相体」まとめ

  4. 【重要】営業時間(平日のみ)変更のお知らせ

  5. 創業祭2021年象牙フェア〜最終日です

  6. ワンデイパスより回数券♡

  7. 印鑑の彫刻名を、フルネームか、苗字か、お名前で迷ったら・・・

  8. 創業祭〜象牙フェア残り1週間を切りました

  9. まさかのどっちも14本♡

  10. ゴルフ、初コンペの模様♡

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. 【重要】営業時間(平日のみ)変更のお知らせ

  2. 創業祭〜象牙フェア開催中

  3. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  4. 【3年ぶり】サマーフェア開催します

  5. 【数量限定】竹のハンコ「竹根印」発売開始

  6. 象牙の真実をまとめた「象牙専門」ページが完成しました

  7. 【まとめ】他ではなかなか手に入らない鈴印オリジナル印章ケース〜中価格編

  8. 領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  9. オンライン相談について

  10. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  3. 3

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  4. 4

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP