鈴印オリジナル印鑑書体「SK印相体」まとめ

OFFICIAL

鈴印オリジナル書体「SK印相体」が非常に人気です。
ここ最近、メールやお電話にて詳しくお問い合わせいただくことも多く、改めてまとめておきます。
2018年8月12日に公開したブログですが、2019年2月13日にリライトしました。

SK印相体って何?

一言で言うなら、チタンの金属の雰囲気に合わせた直線を基調とした鈴印オリジナル書体です。
友人でもあるデザイナーのカケラ氏が作り上げた文字のデザインを、鈴印流にアレンジした文字。
この間も一緒に飲んだ時に、彼も言ってました。

「漢字の斜線をなくすのは難しい」

私も毎回頭を捻らせている点を、ズバッとつくところはさすが開発者。
ちなみにSK印相体の「S」=SUZUIN 「K」=「KAKERA DASIGN」として、作者へのオマージュを表現しております。

SK印相体って実印に使えるの?

一番ご質問で多いのがこちら。
もちろん登録印として問題ありません。
実際にこれまで数百本と納めていますが、みなさま問題なくご登録できているのがその証拠。

色々なサイトをご覧いただくと、デザイン性の高い印を見かけるコトも多いと思います。
ただしいずれも注釈として「銀行印としては使えるけど、実印としては・・・」って感じ。
デザイン性の高い文字って感性で作っていると思われますが、それだと印鑑のルールとはズレてしまいます。
ちなみに銀行印は登録における制限が非常に少ないために、そういったかなりトリッキーなデザインでも登録可能です。
イラストやモチーフ入りってのもできますしね。
対して実印の登録は、窓口で辞書を基本に審査します。

だから辞書の文字から著しく外れてしまうと、登録できないんですね。
ところが私たちはその実印を彫り続けて80年以上になります。
これまでも一度として登録不可になったことはありません。
どの文字が登録できてどの文字が登録できないかの範囲までも熟知しているため、その応用で作られているSK印相体は、問題なく実印登録できるんですね。

SK印相体の全て

当初は2種類かつチタン専用だったSK印相体ですが、お客様からご意見や私自身の好みから、現在はラインナップや対応印も増えていますので、ここに一挙ご紹介いたします。

直線基調の男性的なSK印相体

SK印相体の詳細は以下から

直線に所々曲線も交えたSK印相体Ⅱ

SK印相体Ⅱの詳細は以下から

細くグラフィカルなSK印相Ⅲ

SK印相体Ⅲの詳細は以下から

ひらがな・カタカタのSK印相体

ひらがな・カタカナのSK印相体詳細は以下から

それぞれにイメージが異なりますが、迷った時は第一印象で決めてください!
どんな時も、直感が正解。

SK印相体のシヤチハタも作れます

SK印相体はいずれもシヤチハタの詳細は以下から。

最後に

印章を作る上で最も大切なことは、1つ1つ文字をデザインをすることです。
それは他にはないお名前にあった文字を作ることでもありますし、また唯一無二を守ることでもあるからです。
また実印や銀行印などの登録としても安心してお使いいただけることも大切な要素です。
それらを踏まえてようやく完成したのが、これまで80年以上に渡って培ってきたノウハウを注ぎ込んで全く新しいカタチに進化させたSK印相体です。
SK印相体は、1つ1つその時のフィーリングやお客様に合わせて変化し続けます。

〜世界に一つ、あなただけの印鑑を彫ります〜
鈴印に脈々と流れ続ける歴史に新たな1ページが加わりました。
世界に一つあなただけのために、あなたのお名前をデザインします。

SK印相体を使用した印章の購入はこちらから>

 

 

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. ゴルフはじめました♡

  2. オールインワンミニ、入荷待ちのお知らせ

  3. ドコモケイタイとの戦い♡#ファイナル

  4. 特別国際種事業者の報告徴収について

  5. 友達の増やし方

  6. 今回のレンタルバイクは化け物でした♡

  7. 来店理由は「どこよりもHPがわかりやすかったから」

  8. 久々に東京でした

  9. 炭水化物はやっぱ太るんだな、、、汗

  10. 天気の良い日といえば・・・♡

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. 【3年ぶり】サマーフェア開催します

  2. 【数量限定】竹のハンコ「竹根印」発売開始

  3. 象牙の真実をまとめた「象牙専門」ページが完成しました

  4. 【まとめ】他ではなかなか手に入らない鈴印オリジナル印章ケース〜中価格編

  5. 領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  6. オンライン相談について

  7. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  8. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  9. 実印製作のオンライン相談はじめました

  10. オールインワンミニ誕生

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  3. 3

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP