三文判に潜む危険

CUSTOMERS VIOCE

先日、契約機会の多いお客様とお話をしました。
その方は三文判、いわゆる大量生産の同型印と言われる数百円で買える印は、非常に怖いとおっしゃいました。
「ハンコって別になんでもいいんでしょ?」
もちろん登録上はいいんですけど、実際にはこんな問題を孕んでいるようです。

2016年6月3日に公開したブログですが、2021年7月20日にリライトしました。

 

三文判に潜む危険

その方は繰り返しこう言います。

ハンコって本当怖いですよ

私自身もそれを痛感している1人ですけど、そう発言される根拠が知りたくて、さらに伺いました。
すると・・・

案外見落としがちなんですけど、三文判って怖いです。
だって勝手に捺されちゃっても、本人が分からないんですから

これは聞いてドキッとしました。

なぜなら、まず印章(ハンコ)を捺す意味は意思の担保、つまり「この書類に書いてある内容を全て認めましたよ」って印です。
誤解されがちなので何度も言いますけど、「確認しました」ではなく「認めました」です。
だから印を捺すこと=責任が発生することになります。

で、冒頭の勝手に捺される、です。
どういうことかって言いますと、安く手に入る三文判。
どこで買っても大抵同じようなものです。
あれって、自分が捺したかどうか?って確実に言い切れるか?ってことです。

もしご自身の認印が、100円とかで買ってきた同じようなものばかりだったとします。
仮に手元に3本あっても、それらの違いって自分で分かりませんよね?
ちなみに冒頭の写真では、私も違いが分かりません。

そしてここからが本題です。
本来であればNGの、営業の方が「代わりに印鑑買って捺しておきますね」って事例で、その悪用です。
書類は署名捺印ではなく、記名押印。
つまり直筆のサインもないから、意思を証明するのは「押印」の印章のみ。

今回の問題は、ここに捺してある印が、営業の人が勝手に購入して捺した三文判であること。
で、何か問題があったときに
「ここに認印捺してありますよね?」
って言われちゃうんです。

このとき、自信を持って捺してないって反論できますか?ってことです。

でもその方は百戦錬磨の方でした。
そのため普段から認印も、あつらえたものを使っていました。
そして認印はそれ以外は決して捺さなかった。
だから「これは俺が捺した印じゃない」と言い切れたそうです。

 

まとめ

これが実印や銀行印ならなおさら怖いことです。
最近ではこのような手口で、カーシェアで借りてそのまま売っちゃう犯罪も多発しているそうです。
そのため印を捺すときは、最低限以下を意識してください。

1.捺印は絶対に委託しない
2.どこでも買える既製品は絶対に使用しない

繰り返しますがハンコを押すという行為は、意志の担保です。
分かりやすく言えば、あなたが認めたという意志が、印鑑というカタチで人質に取られているようなモノです。

なんか問題が起きた時に「ほら、ここにあなたの認印が捺してあるでしょ?」
これは法的にもとても強力な効果があります。
だからハンコを押すという行為は、ある意味とても怖い行為でもあるのです。

普段何気なく捺している認印。
決して他人事ではなく、そんな機会は突如現れます。
いざという時じゃ遅いですから、備える必要があるのかもしれません。

果たしてあなたはそれを、自信を持って「自分だけの認印」と言えますか?

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 連帯保証人にならない方法

  2. トチコミさんに載せていただいた動画を鈴印チャンネルに掲載させていただきました。

  3. 印鑑からはじまる物語

  4. 私鈴木延之がトチコミさんの「頑張る社長」に登場しました

  5. 鈴印が下野新聞「通りにいらっしゃい」に掲載されました

  6. 下野新聞掲載記念&緊急事態宣言延長に伴って、サマーフェアも延長します

  7. 【デッドストック】銀丹入極上象牙に合わせ、KFケースをあつらえた実印サイズが入荷しました

  8. ソールドアウトのお知らせ

  9. 小学生の夏休みの課題「苗字のルーツと印かんについて」が完成しました

  10. ソールドアウトのお知らせ

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. 【3年ぶり】サマーフェア開催します

  2. 【数量限定】竹のハンコ「竹根印」発売開始

  3. 象牙の真実をまとめた「象牙専門」ページが完成しました

  4. 【まとめ】他ではなかなか手に入らない鈴印オリジナル印章ケース〜中価格編

  5. 領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  6. オンライン相談について

  7. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  8. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  9. 実印製作のオンライン相談はじめました

  10. オールインワンミニ誕生

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  3. 3

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP