史上初、全てが黒のブラックケースが誕生しました

OFFICIAL

どんなに素晴らしい商品でも、パッケージが台無しだと全てが台無しと考えます。
またどんなに優れたパッケージも時代と共に古さを感じるようになってしまいます。

はんこのケースって聞いて、みなさんどんなのを想像されます?
外側がシボがある黒い牛革、中を開けると赤い底で、蓋裏は朱竹。そんなイメージじゃありませんか?
まあそれが一番流通量も多いんで、当然といえば当然。
でもこれまでも店頭で「他にないんですか?」と聞かれることも多々ございました。

なので考えました。
2016年2月10日に書いたブログですが、ご好評につきネット販売も開始し、2018年6月20日に再度公開しました。

 

BLブラックケースは全てが黒

案外知られていないんですけど、はんこのケースでオールブラックってなかったんです。
なぜか分かりませんが、必ずどこか色が付いてます。
どれだけ探しても黒は、安価なプラスチックのケース見つかりません。

なので作っちゃいました。
すなわち世界初。

完成するまでには、本当時間が掛かりました。
外側の革から枠になる金具、そして内側の布に至るまで。
ご協力いただきました関係各所のみなさま、ありがとうございました。

まずはご存知のように革をこよなく愛するワタクシですから、一番こだわりたいのが革。
そのため数多くサンプルを見せていただきました。
そしてようやくたどり着いたのがこちらの革でした。

つや消しなのに光沢あり。
金枠も同じくつや消しの光沢あり。
そして中身も1つ1つ吟味しました。

ハンコが収納される底側は、ハンコが痛まないように別珍。
そして蓋側は華やかさが出るようにナイロンのクロス。
朱肉を入れる蓋の部分も、もちろん黒。この肉池蓋はこれまで存在しなく、ブラックケースのために独自に作っていただきました。

洋服でもそうでしょうけど、黒って難しいんですね。
素材感がおかしいと、ただの色気のない黒になっちゃう。
だから思いつく限りの試作を繰り返していただき、ようやく理想が完成しました。

 

今までのケースとの違い

これまでは鈴印でもモミ革と呼ばれる、牛革をもんで傷が目立たない一般的なケースを採用していました。
せっかくですので、その比較を。

まずは今までのモミ革ケース

まあよくありがちなケースです。
もちろんこちらも悪いモノじゃございません。傷が目立たないから、長く使うには最適。

対してブラックケース

う〜ん、やっぱかっこいい!

ちなみに中身を入れて比較するとこんな感じです。

一般的なモミ革のケースって内蓋が朱竹なんですけど、鈴印の場合はここを鶴亀に変更し、ゴージャスな雰囲気を醸し出しています。
対してブラックケースは、非常にシックな装い。
もちろん好みあると思いますので、店頭では比較していただいた上でお選びいただいております。

 

最後に

現在は、全ての水牛材に標準装備。
またケースだけの販売も対応しました。

BLブラックケース
(税別)4,000円
全て60ミリ丈

BLブラックケース法人用
※法人用は天丸鞘付、寸胴鞘付きの両方をご用意しております
(税別)6,000円
全て60ミリ丈

 

BLブラックケースの購入はこちらから >

 

BLブラックケース法人用の購入はこちらから >

 

 

その他、更に大きいもしくは長いサイズで対応可能な場合もございますので、サイズや形状をご指定の上、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

 

 

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 焼印オーダー

  2. ソールドアウトのお知らせ

  3. ネットに繋がらないと太る?

  4. ソールドアウトのお知らせ

  5. レンタカー物語♡

  6. ゴールデンウイークのお休み

  7. ぼうずのこだわり♡

  8. #208 鈴印の大切なお客様

  9. 店頭でのマスターピース・デッドストックコーナー

  10. ソールドアウトのお知らせ

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. オンライン相談について

  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  3. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  4. 実印製作のオンライン相談はじめました

  5. オールインワンミニ誕生

  6. なぜ実印は成人の際に、親から子へ送られてきたのか

  7. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  8. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  9. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  3. 3

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP