お知らせ

【デッドストック】鞘と牙蓋と細金丹と、オプションが贅沢な実印用象牙が1本入荷しました

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

鞘と牙蓋と細金丹と、オプションが贅沢な実印用象牙が1本入荷しました

かなり魅力あるアイテムが入荷しました。

最大の特徴は、オプションの豊富さ。
車のように愛好家の中にはオプションをカスタムオーダーされる方もいらっしゃいます。
ただし印章の場合、彫刻後の変更は、破損の恐れから対応できないんですね。
そんな中、今回の商品はほぼ全てのオプションが盛り込まれています。

 

スペック

一番見て欲しいのはここ。

印面の直径が、実印に最適かつ、銀行印としてもご使用いただける15㎜。
長さは、現在主流の60㎜丈に対してやや短い45㎜。

また上下が分かる印として、「銀丹」が嵌め込まれています。
ちなみに銀丹は、接着剤は一切使わず象牙で丹を挟み込む形状です。
象牙と丹が互いに支えあい、温度で膨張する特性によって落下を防ぐという、緻密な設計となっています。
しかもこの丹が、通常の3㎜に対して2㎜とやや細いため、なんとも言えない上品さが漂います。

左が通常の3㎜に対して、右が今回の印材です。

他にも象牙ならではのオプションが満載。

印材と同素材のキャップ(鞘)が付き、朱肉を入れる肉池部分の蓋も象牙、今や本当に希少な牙蓋が装備されます。
ケースも鈴印でお馴染みのKF製ですし、福輪(ふくりん)と呼ばれる縄のような細かい加工も贅沢に施されています。

外を覆う革はリザードが使用され、使うほどに艶感も増し、手に馴染んでいきます。

 

品質は中ランク

象牙の品質はまず見た目のキメの細かさが挙げられます。
その意味では鈴印で扱う(中)ランクと同程度。
ただし鈴印と同程度ということが肝心で、同じ中ランクでもばらつきがあります。
鈴印ではキメが見えても均等であることを最優先します。

ご覧いただくと分かりますように、非常に均整の取れた美しいキメ模様となっています。
キメが見えた方が天然素材らしくて好き、そんな方には特にオススメです。

状態は決して悪くはありません。
色やけもほとんど見えませんし、牙蓋も象牙らしいアイボリー色を醸し出しています。
通常デッドストックは右から左ではなく、多少に加飾を施してからご紹介していますが、今回はそのままです。
つまりそのままで鈴印のクオリティに耐え得る保管状態でしたので、その分お値段に反映させ、大幅なお値引き価格となっています。

 

最後に

鈴印デッドストックはその性質上、ほぼ全てが1本限りです。
今回も1本限りとなります。

キメもあって、象牙のオプションも満載。
なのに上質。
今までありそうでなかったアイテムです。

 

デッドストック象牙45㎜丈×15㎜丸銀丹鞘付きの購入はこちらから

 

 

_________________________________________________

マスターピース・デッドストックとは

【鈴印マスターピース】は、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章の素材のほとんどは天然材です。
天然であるということは一定でない、つまり品質には大きな個体差があるとも言えます。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級のレザーは最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されるのはご存知でしょうか?
そして残ったレザーが次に、一般市場に出回るのです。
つまり本当に良いものは、長年の歴史の積み重ねによって流通経路までも決まっています。
逆に言えば、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は長年に渡り、特別に良い素材のみを集めて参りました。
その結果として、優先的に優れた素材が集まるようになりました。
そしてそれらは専用セラーによって、厳重に保管されています。

マスターピース
傑作・名作

マスターピースはこちらから

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別な品々だからです。
ところが諸事情により、眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地の眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
つまり良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、鈴印デッドストックです。

デッドストックはこちらから