鈴印で取り扱いの練り朱肉を1年使った状態

鈴印のオフィシャルHPでは、2種類の練り朱肉をご用意しています。お客様にオススメするには実際に自分で使ってみないといけませんから、私も毎日使っています。それらが他の一般的な練り朱肉と大幅に違うのは、銀を使っていない点、それから温度の影響を受けにくい点です。朱肉は粘土のようなイメージで温度の影響を受けやす…

寄木容器朱肉、残りわずかとなりました

また1つ残念なお知らせになってしまいます。昔親父もよく言っていましたが、この業界はどうも良いものからなくなってしまう傾向があります。今回の商品は、鈴印において非常…

  • 3 view

練り朱肉メンテナンスへら発売開始

以前、練り朱肉のメンテナンス方法をご紹介しました。なんだかんだで月に1000人以上の方にご覧いただいておりまして、そのおかげかお問い合わせも多数。その中で実は…

  • 37 view