水牛

印鑑のスタンダード、水牛について書いています

  1. 黒水牛が新しくなりました〜ブラックブレット〜

    印章には様々な種類がございます。形・素材・長さ・太さ・・・とは言え、なかなかパッと見よく分かりませんよね?じゃあ分かりやすい印章だけまとめてみましょ…

  2. 史上初、全てが黒のブラックケースが誕生しました

    どんなに素晴らしい商品でも、パッケージが台無しだと全てが台無しと考えます。またどんなに優れたパッケージも時代と共に古さを感じるようになってしまいます。…

  3. 印鑑の彫り直し(改刻)は、材料にひびが入る可能性がありますのでご注意下さい。

    以前にもブログに書きましたが、象牙や水牛や石は彫り直しができます。なんですけど、店頭で多くの皆様からお聞きするのが、彫り直しをしてくれるお店は非…

  4. 水牛材をお使いの皆様、保管の際にはたった1点だけご注意ください

    実印や銀行印などの印章(はんこ)の素材で、なんだかんだ昔から一番人気なのは水牛材。種類としては黒水牛や白水牛などがありますが、木材と比べてはるかに丈…

  5. 印鑑の印象を変えたければ太さを変えるのがオススメ

    洋服にはトレンドがあります。太いのが流行れば細いのが流行り、細いのが流行れば今度は太いの。まあ人って目新しいモノに新鮮さを感じますから、これってある種非…

スポンサードリンク


最近の記事

  1. OFFICIAL

    M-1準優勝「和牛」さんがヨシモト∞ホールで行われた「歳の印」捺印式の全貌
  2. MOBLOG

    シヤチハタ工場見学に行ってきます!
  3. SHOP STORY

    Google+の鈴印ページもはじめました
  4. 鈴印の大切なお客様 from Facebook

    #023 鈴印の大切なお客様
  5. OFFICIAL

    鈴印ブラックレーベル〜ライフスタイルを豊かにする印(しるし)
PAGE TOP