印鑑

本業の実印や銀行印認印などの「印鑑」について書いてます

  1. ラフ描きにこだわっています

    「モノ」を作り出す人が最初に行うのは、書き出す作業かと思います。頭の中にあるイメージを、現実のモノにするための最初の作業。ここから全てがはじまるだけに、…

  2. 史上初、全てが黒のブラックケースが誕生しました

    どんなに素晴らしい商品でも、パッケージが台無しだと全てが台無しと考えます。またどんなに優れたパッケージも時代と共に古さを感じるようになってしまいます。…

  3. 贈り物の連鎖が発生する朱肉

    先日は父の日でしたが、みなさんはお父さんに何か贈られましたか?ちなみに私は一緒に遊び過ぎた筋肉痛という贈り物をいただきました。ありがとう♡さてさ…

  4. 印鑑についた朱肉を拭き取るなら、ティッシュより印笑福がオススメ!

    どんなに優れた印章も、メンテナンスを怠ればよく写らなくなっちゃいます。※2016年2月23日に公開したブログですが、現在「印笑福」は「印章拭き」にリニュ…

  5. こうなった朱肉は思い切って中身だけ交換しましょう

    たまに断捨離なんかしたりしますと、久しぶりの品々が出てきます。立派な器を見つけ、中身が朱肉だった経験なんてありませんか?昔は記念品や贈答品に練り朱肉を選…

  6. ハンコの彫り直しは首をはねるのと同じだから縁起が悪い?

    彫り直しに関しては必ずと言っていいほど質問されるのがこんな疑問。「ハンコの彫り直しって縁起が悪いんですか?」まずご存知ない方のために補足しますと、実…

  7. 印鑑の彫り直し(改刻)は、材料にひびが入る可能性がありますのでご注意下さい。

    以前にもブログに書きましたが、象牙や水牛や石は彫り直しができます。なんですけど、店頭で多くの皆様からお聞きするのが、彫り直しをしてくれるお店は非…

  8. 【これで丸わかり】ハンコの彫り直しに関してまとめ

    「ハンコの彫り直し」この時期非常にお問い合わせが多くなってきましたので、2017年3月2日に公開したブログですが、リライトに必要な文言等を追記その他の部…

  9. 水牛材をお使いの皆様、保管の際にはたった1点だけご注意ください

    実印や銀行印などの印章(はんこ)の素材で、なんだかんだ昔から一番人気なのは水牛材。種類としては黒水牛や白水牛などがありますが、木材と比べてはるかに丈…

  10. 親から子へ贈りたいのは、今より将来役立つもの

    永遠のテーマかもしれませんね。親から子への贈り物。いつの時代も、子供が欲しいモノと親がプレゼントしたいモノが一致しない、、、汗振り返りますとワタクシ…

スポンサードリンク


最近の記事

  1. ほぼ日記♡

    ぼちぼち外部活動
  2. MOBLOG

    水洗い♡
  3. お邪魔してきました

    モデルへの道♡
  4. OFFICIAL

    何が違う?BLマットの2つのグレードを徹底比較
  5. MOBLOG

    100万人プールの右折入場は、今回も効果的だったのか?
PAGE TOP