宇都宮駅周辺の川が氾濫しない理由

  1. ほぼ日記♡
  2. 1783 view

昨日、宇都宮は凄い雨でした。

各地で大きな傷跡を残しましたので気軽には書けませんが、宇都宮駅前は幸い大きな被害もなく済み、現在はウソのように静かになっています。

今日

欄干に草が絡まるのは毎年増水の度です。

 

しかし宇都宮駅周辺は氾濫しませんでした。そしてこれにはちゃんとした理由があったんです。

ちゃんとした理由があったんで、私も実はそれほど慌てていませんでした。

その理由を、本日は書きたいと思いますが、あくまで伝え聞いた話で裏は取っていませんので、違ってたらご容赦ください。

 

 

宇都宮駅周辺の川が氾濫しない理由

鈴印の後ろを流れる「田川」は元々「暴れ川」って呼ばれるくらい氾濫を繰り返す川だったそうです。

詳しくはWikipediaをご覧下さい

なので治水を繰り返したらしいんですね。

ただおぼろげな記憶なんですが、私の幼い頃この辺りも水浸しになった覚えがあります。

色々調べるとこんな資料が。たぶんこれの昭和57年6月洪水。

 

で、その時に釜川の氾濫が酷く、それを機に釜川の改修工事があり、

で、その釜川と同じような形状に宮の橋周辺を改修するって聞いて驚きました。だって川の規模が全然違いますからね。

それが確か高校生の頃だったと記憶しているから約20数年前。

その時の田川改修の時のコトは、よく覚えております。

田川

それまでの田川は現在のように遊歩道はなかったんですね。

なのに改修後は、遊歩道を作る。

川幅は同じなのに遊歩道作って、 増水した時大丈夫なのかな〜なんて思ったんですが、川底を深く掘って対応するって聞いて「なんて大がかりなんだろう」って感じましたね。

実際すげー時間掛かってたんですよ。理由を聞くと川底の岩盤が予想以上に固くて、なかなか掘り進まなかったらしいんです。

でも時間を掛けて掘り続け、何年もかかってようやく完成したのが、現在の宮の橋周辺。

 

その時に「これでかなり想定外の増水があってもこの辺りは氾濫しない」って工事の人が言ってたのをはっきり記憶しています。

確かにそうでした。

その後怖くなるような増水があっても、いつも大丈夫なんです。

偉い人が言ったんじゃなく、現場で工事を担当していた方の言葉でしたから、私はずっと信じてるんですね。

 

 

まとめ

書き出してはみたモノの、あまりに曖昧な記憶の元に書いてるんで、読みにくくてすみません。

ただ少なくとも工事を担当されてたあの方の「これでかなり想定外の増水があってもこの辺りは氾濫しない」って言葉は今だに守られています。

同じく底が深い構造になってる釜川も今回は氾濫してませんしね。

 

まあなんかふとそんなコトを思い出し、書き殴ってみました。

おしまい♡

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

新型Macゲッツ☆

昨日は今まで使ってたMacのマザーボードが死にました(涙)だから今日は新しいMacを買いました(嬉)まずは箱にビビらされました(驚)ヨコから見…

  • 0 view

人気ブログランキング鈴印〜4月

鈴印ブログ4月の人気ランキング☆ゴールデンウイーク中のみなさん!休日はいかがお過ごしでしょうか?お天気もいいですしね〜外に出かけてて誰も人のブログなん…

  • 5 view

静電気の季節♡

ぼちぼち空気が乾燥する季節になってきましたよね?ワタクシ顔に似合わず敏感肌のため、この時期は大概口の周りが真っ白♡だからこそ当然、冬場に怖いのは静電気。そのた…

  • 56 view

仕事着☆

「仕事着」これはどの職業の方でも、お仕事をする上での自己表現の1つですからね、みなさんもとっても意識されてると思うのです。当然鈴印でも同じでした。ちゃんとコダワリを持って…

  • 18 view