OFFICIAL

シヤチハタ印に変わるかもしれないシリーズのご紹介!

シヤチハタ印はにじみます

お使いの方も多いですよね。

シヤチハタ住所印

シヤチハタ印

連続捺印ができてとっても便利なシヤチハタ印ですが、全く問題がないワケではありません。

それが「にじみ」なんですね。

以前と比べるとかなり解消されてはいますが、やはり構造上ゴム印と比べるにじみが発生してしまいます。

シヤチハタにじみ

シヤチハタ印は表面がスポンジのようになっていて、インクがしみ出す構造上どうしても避けられないんですね。

 

そんな事情から、ご存じでしょうか?

実は会社さんなんかで銀行の登録に使う住所印は、ゴム印がより好ましいとされています。

 

シヤチハタ印ですと、押す人によって多少にじみによる捺印の差が微妙に出ますしね。

でもやっぱシヤチハタの方が、いちいちスタンプ台を付けないで連続で押せるから簡単で便利なんだよね〜

そんなあなたにぴったりの商品をご紹介致します!

 

 

回転式ゴム住所印

Jointy

Jointy

この商品はゴム印とシヤチハタのいいとこ取り!

まずはどんな商品なのかをご説明しましょう。

 

捺印部分(印面)がぐるぐる回転して、普段はインクの染みたパッドに付いた状態で格納

Jointy

ぐるぐる回ります。

 

だからスタンプ台をつけなくても押せます。

Jointy捺印

シヤチハタ印と同じように使えるのが分かると思います。

それによって想像以上の便利さを可能にしました。

次にその便利さを3つご紹介します。

 

①連続捺印が可能な上に鮮明

連続捺印が可能です。

Jointy捺印

これによりいちいちスタンプ台につけなくても、便利に連続で押せます。

このちょっとの手間の差が、回数を多く押す業務の方ですと、果てしなく差がでます。

スタンプ台で捺印

少なくとも捺印回数が半分以下で済みますからね。

貴重な時間と手間の半減になります。

 

しかも本体の印面はゴム印ですから、ゴム印の最大の魅力である捺印の鮮明さの恩恵を最大限に受けることができます。

鮮明な捺印

 

 

②持ち運びが便利

ゴム印の最大の問題にこんなお悩みがございます。

「持ち運ぶ時に面倒」

 

スタンプインクが印面に付いたゴム印ですからね、べたべた他に写ってしまいます。

だからみなさんこんな風に持ち運ばれていませんか?

銀行バッグの中

ケース入りのハンコ各種と・・・

ビニール袋

ビーニール袋入りゴム印♡

 

これがJointyなら、印面部分が中に格納されてますからね

銀行バッグの中

そのまま放り込んでおけます。

これはかなり便利です!

 

 

③まっすぐ押せる

もう1つのゴム印の問題も解決です。

ゴム印のもう1つの問題点とは・・・

 

曲がる

そう!

狙いを外して曲がっちゃうコトです。

 

それがJointyなら、シヤチハタ住所印と同じように置いてから押します。つまり・・・

曲がらない

一度置いて狙いを調整してから押せるので、曲がりません!

 

これも驚きの効能ですね。

 

 

まとめ

Jointyの最大の魅力は、鈴印が誇る耐久性最も優れるゴム印を使用できる点に尽きます。

とにかく長く使っても痛みが少なく、10年は余裕で使えます。

でもシヤチハタも捨てがたい。

 

これまでも色々書いてきましたが、ゴム印とシヤチハタ印にはそれぞれ利点と苦手な点があります。

改めてまとめると

ゴム印

利点=捺印が鮮明・耐久性が最も高い・価格が一番リーズナブル(スタンプ台価格は除いて)・サイズが無制限

苦手=スタンプ台等で、インクをつけなければ押せない

 

シヤチハタ印

利点=連続捺印が可能

苦手=にじみが出る・耐久性はゴム印に劣る・ホルダーの規格があるためサイズが無制限ではない

 

そう考えた上で

Jointy

利点=捺印が鮮明・連続捺印が可能・ゴム面の耐久性は最も高い

苦手=価格が一番高い・回転式のため本体の耐久性はゴム印の劣る・ホルダーの規格があるためサイズが無制限ではない

 

ただし本体だけ別に購入できますから、万が一壊れた場合でも1500円〜2000円くらいで交換可能です

インクの補充もできるので、インクがなくなった場合でも安心

インクの補充

ここを交換し続ければかなり長く使えます。

 

もちろん今までご紹介してきた、ロゴ入り icon-external-link 等にも全て対応可能です。

ロゴ入り

 

それに鈴印オリジナルの手書ききのシヤチハタにだって

手書きシヤチハタ

 

他にも直筆サイン印だって

直筆サイン印

なんだって対応できます。

 

以上のコトを総合しますと、鈴印ではJointyをオススメします!

 

ちなみに実際自分で使っているスタンプは少しずつJointyに移行しております。

 

価格は目安として

ゴム印+1000円位がシヤチハタ印

シヤチハタ印+1000円がJointy

※サイズによって若干の違いがございます

 

サイズもかなりのラインナップがございます。

今後また詳しくご紹介して参りますので、気になる方は要チェック!

 

それまで待てない方は直接以下までお問い合わせ下さい

http://www.suzuin.co.jp/contact.html

 

ピックアップ記事

  1. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  2. インスタグラムはじめました♡
  3. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です
  4. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  5. プレミアムチタン印鑑の素材全て

関連記事

  1. OFFICIAL

    角印が綺麗に押せない原因は印面にあり

    印章にまつわるお悩みで特に多いのが「写りが悪い」そして特に角印…

  2. OFFICIAL

    在庫数県内最大!・・・多分♡

    ※2016年1月21日に公開したブログですが、リライトに必要な文言等を…

  3. OFFICIAL

    吊るしてあるケースに入るハンコの大きさには決まりがあるの知ってます?

    突然ですが・・・吊るしてあるケースに入るハンコ…

  4. OFFICIAL

    保証人の実印を押している人は意外に多い

    普通に生活されてる方にはピンとこない話も世の中にはたくさんあります。…

  5. OFFICIAL

    御霊前の宛名には薄墨にも対応する、慶弔用スタンプパッドがもはや常識です

    もしかすると個人として押すゴム印としては、かなり頻度が高いんじゃないで…

  6. OFFICIAL

    実印の書体は篆書体がいいの?印相体がいいの?

    ハンコの書体は興味ありますか?あまりないですか?みんな同じように見…

スポンサードリンク



最近の記事

  1. SHACHIHATA

    集金業務の方必見!コレあると便利ですよ
  2. 印鑑登録

    専門店はお客様の常識を変え、お客様は専門店の常識を変える
  3. OFFICIAL

    はんこって別になんでもいいんですよね?
  4. OFFICIAL

    役目を終えた印章は、鈴印でお預かりし奉納します
  5. OFFICIAL

    印鑑は買えません!
PAGE TOP