#130 鈴印の大切なお客様

  1. 鈴印の大切なお客様 from Facebook
  2. 0 view

☆本日のお客様☆


みなさまどーもーっす!
やって参りましたこちらのコーナー☆

楽しみにしてますか?それともしてませんか?
ま、どっちにしろワタクシは勝手に続けますよ♡

今回ご紹介致しますのは、民間のお仕事をなさってるこの方。
なんとなく公的機関っぽいお名前のご職業なので念のため

市貝町社会福祉協議会

・・・ね♡

北井孝文様
事務次長兼福祉活動専門員 ☆北井孝文様☆

法人名がなんとなく抽象的なんでね、改めてお尋ねしますと北井さんしばらく
「う〜ん」って考えられまして・・・

出てきたお答えが
「福祉ですね!」とはっきりとご回答☆

・・・それはワカリマス♡

詳しくお伺いしますとね、ご高齢者の方や障害をお持ちの方の福祉をご担当されていらっしゃるとのコト。
健常者を障害者の垣根を取っ払う事を理念に日々活動されていらっしゃるそうです。

北井さん曰く「メガネをかけてても障害者とは言われない。それと車椅子に乗っている事が同列になるような社会を目指したいんです!
そのために小学校を使わせて頂いて、小学生と車椅子の方が普通に会話をできる環境を作り、その中から子供達に意見をもらうんです。
すると子供達から『学校をもっとバリアフリーにした方がいい』とか『階段の踊り場に椅子があると休む場所になりますよね?』とかの提案があるのには我々も驚きます。」

素晴らしい!

そんな地域貢献や町興しのお仕事をなさってる北井さんにこの度ご注文頂いたのは
ご夫婦それぞれの象牙の実印や銀行印、それに認印や本格練り朱肉まで!
ほぼスペシャルコンプリート☆

元々ご両親がご商売をされたご家庭で、ハンコをとても大切になさってたそうなんです。
やはり印鑑は「親から子への贈り物ですね?」とのワタクシからの問いかけに・・・

「いや、自分のお小遣いで買いましたけど♡」

あーざーっす♡

関連記事