OFFICIAL

産まれて来る我が子のために名を刻む

鈴印では常に「実印は親から子への贈り物」と言っておりますが

54

銀行印も一緒です。


皆さんの中にもお子さんに銀行印を作ってあげた方は多いと思うんですが、いつ頃作られましたかね?

ちなみに私は息子が産まれた後1歳のプレゼントに、名前で彫って贈りました!



流れはこんな感じでした。

産まれる前からなんとなく名前は決めていたんですが、文字やら画数やらを考えると最後の決め手がなかなか見つからなくて・・・

それが誕生して顔を見た瞬間迷いが消え、突然色々浮かんできて、それが文字にしても画数にしても申し分なし!

そんなワケで名前を付けました。



それまでは「男性の銀行印はお名字が理想」ってお客様にもお話していたんですが、あんなに考えて付けたんだからぜひ名前で彫りたい!っていう私個人の物凄く強い想いから、男の子でも名前で彫りました。


他のメリットとしましては、銀行印を名字で彫ると誰の銀行印か分からなくなる可能性もあるが、「下のお名前」なら混同することもありません。

なのでそれ以降は、下のお名前でもオススメしております。





そして先日またあるお客様とそんなお話をしておりましたら、新しいご意見を頂き、それにまた感銘を受けましたのでご紹介致します。


その方は「貴重なご意見ありがとうございます。でも私は名字で彫ってあげたい。この子は家の長男です。いずれはこの家を背負っていく男になります。ですから名を背負う意味でも名字で彫ってあげたいんですよ。」


ちょっと背筋がビリビリする感じでした!


そして更に驚くお話がありました。

ご一緒にお腹の大きい奥様といらっしゃったのですが、色々伺う内に今回ご注文のご長男さんは、そのお腹の中のお子さんなんだそうです。

驚きましたね!


ご誕生前にお名前を確定され、そして「いつでも大丈夫だから、安心して産まれておいで」ってメッセージを込められての事なんだそうです。


つまり様々な想いをこめて、産まれる前にお名字で銀行印を作られたのです。



よく「その名を刻む」と言いますが、ハンコもまさに名を刻むことに他なりません。

名を刻む

読み方:なをきざむ
忘れ去られることのない人物として記録記憶に残るさまを形容する表現。「歴史にその名を刻む」などのような言い回しで用いられる。


weblioより


やはり名を刻むのはご本人じゃなさそうな気もしますよね。



繰り返しますが実印も銀行印も、フルネームでもお名字のみでもお名前のみでも登録する上で問題はありません。

そしてどれをチョイスしてもいいからこそ「その方の想い」それが何より大切になります。


ハンコとは、その方のお名前をご自身の分身として名と刻むものなのですから。





ピックアップ記事

  1. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  2. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です
  3. インスタグラムはじめました♡
  4. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  5. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!

関連記事

  1. OFFICIAL

    会社の印鑑の本体の形ってどうやって決めたらいいの?

    個人の印章と違って、会社の印いわゆる法人印は何種類かの形があります。…

  2. CUSTOMERS VIOCE

    見積書の封筒の宛名こそ署名捺印がオススメです

    お客様の声は実際に使われる方の声です。それはつまりリアルな現場の声…

  3. OFFICIAL

    ハンコ屋さんが考えた朱肉の(大)サイズが出来ました

    おかげさまで大ヒット商品鈴印BL朱…

  4. OFFICIAL

    会社の印鑑のキャップ(さや)だけも販売してます

    会社の印鑑いわゆる法人印には、鞘(さや)と呼ばれるキャップがつ…

  5. OFFICIAL

    鈴印新聞Vol.1

    これまで鈴印では超絶不定期にて、鈴印新聞なる季刊誌を発行してまいりまし…

  6. OFFICIAL

    縁起の良い細工が施された貴重すぎる象牙印章の写真を変えました

    あれ?この形前に見たことあるな?って方はかなりの鈴印マニア…

sponsoredlink




カテゴリー

archive

読者登録

latest

sponsoredlink



  1. ほぼ日記♡

    花粉症?
  2. OFFICIAL

    会社の印鑑の本体の形ってどうやって決めたらいいの?
  3. MOBLOG

    食前に欠かせないもの
  4. 実印

    プレミアムチタン印に惚れる決定的な角度
  5. MOBLOG

    ゴールデンウイークのお楽しみと言えば…
PAGE TOP