OFFICIAL

職人さんの手間と商品価格と日本文化

日本はものづくりの国と言われます。

そしてそのモノを作っているのは他ならぬ職人の方々です。
thumb5-2

手に職を持ち、腕一本で食っていく。

その聞こえはとっても格好いいですけどね!

実際はとっても大変な側面も併せ持ちます。




自分が職人をやってたりしますと、ちょっとした会話の中からこんなコトを聞かれることがございます。

「職人さんって儲かるの?」


結論から申し上げますと、モチロン例外はありますが大概の職人さんは

残念ながらそれほど儲かりません。 



これは印章の世界のみならず、ほとんどの職種で同じようです。

ワタクシも色々手作りのモノが好きで、以前は革製品やら靴やらバッグやらシルバーアクセサリーやら色々作ってもらっておりましたけど、みなさん一概におっしゃるのは「職人ってなかなか儲からないからね〜」なんです。 



これって意外に思われる方も多いんで、簡単にご説明しますと

商品の価格を決めるのは、大きくは材料代とその職人さんの手間賃になります。


でも決して単体で販売するワケではありませんよね?

例えばiPhoneで考えますと
iPhone1つを作るだけでも、数えきれないパーツが1つ1つ別の手によって作られるワケです。
それにケースがあったり包装があったり説明書があったり、おまけにそれを流通するコストがあったり、販売する店員さんがいらしたり・・・


つまり多くの人の手を介在するため、それが全て足し算になり商品本体の価格が決まります。

だから価格を安くしようとすると、まずは簡単に職人さんの手間賃を削る、って方向になります。
だって材料代を削るのは質の再検討から再構築等、手間暇掛かって大変ですからね。
 


それが極端になってる2つの例があります。

1つは100円ショップ、そしてもう1つは高級車。


100円ショップは、日本人の職人さんだと費用が高いため、より安い中国や東南アジアで作られているそうです。



逆に高級車は最高級の車を作るため、全てのパーツを一流のクラフトマンの手で作られてるそうです。
シート1つとっても全て手縫いなんですってね!



つまりその商品の価格には、その価格分の手が掛かっているってコトを忘れないで欲しいんです。




さて、では商品の質を決めるのは何でしょうか?


それは先ほども申し上げた、材料代と職人さんの技量

そして一番重要なのが



職人さんのモチベーションです!




いくら素晴らしい材料を手に入れても、いくら素晴らしい技術をお持ちでも

やる気ゼロでは良いものなんて絶対できません!


逆に材料が安くても、腕のいいやる気に満ちあふれた職人さんが作ったモノなら光り輝きます!


made inJapan

それは日本人が古くからコツコツ作り上げた文化の証です。


そして職人さんはその技術を身につけるために、途方もない労力を日々コツコツと積み上げています。

だから大きく考えると、その歴史も踏まえて価格って成り立っているのかもしれません。


高いものには理由があり、安いものにも理由がある。


これから価格を見る時、商品のそんな裏側の物語を想像してみるのも、案外楽しいかもしれません。
 


そしてそれを大切にするコトこそが、日本のものづくりの「文化」を育むものだと私は信じております。
 

ピックアップ記事

  1. インスタグラムはじめました♡
  2. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  3. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  4. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

関連記事

  1. OFFICIAL

    鈴印で一番人気の商品はやっぱりこれでした!

    鈴印は印章専門店ですからね、ハンコにまつわる様々な商品を取り扱っていま…

  2. OFFICIAL

    綺麗に捺印するのに「の」の字を描く方法は正しい?

    ハンコにまつわる色々なお悩みがあるかと思いますが、一番のお悩みはこちら…

  3. OFFICIAL

    プレミアムな栃木レザー仕様の捺印マット、BLマットは特注サイズも作れます

    おかげさまでめちゃくちゃ売れております。栃木レザーの中でも…

  4. OFFICIAL

    使い込まれた象牙のド迫力(アイボリーエイジング)

    普段「象牙は使う程に写りがよくなります!」って言ってますけどねただ言葉…

  5. OFFICIAL

    法人印をまとめてお手軽に持ち運ぶなら、こちらのケースが便利です

    2017年7月7日に公開した商品が一部商品が完売となり、代わりに新たな…

  6. THOUGHT

    ブログを書く時間の作り方(鈴印の場合)

    最近「よくブログ休まず続けるよね〜」なんて言われる機会が増えてきました…

sponsoredlink




archive

読者登録

latest

sponsoredlink



  1. OFFICIAL

    成人のお祝いに、親から子へ実印の贈り物
  2. ほぼ日記♡

    iPhoneの復元データは1個じゃないのご存知でした?復元データは何段階かに分か…
  3. ほぼ日記♡

    押せば出てくる自動販売機
  4. SHOP STORY

    有限会社鈴木印舗は現在、株式会社鈴印となっています
  5. IVORY

    ハンコ店さんと歯医者さんの意外な共通点とは
PAGE TOP