OFFICIAL

実印はわが子への贈り物 〜お孫さんへの贈り物編〜

気温も上がり、ますます体調もよくなる夏男 鈴木延之です☆

さてさて連日に渡りお送りして参りましたこちらのテーマ

「実印はわが子への贈り物」

ですが、

実はおじいちゃんやおばあちゃんからお孫さんに贈られるパターンもとっても多いんです。

t02200293_0800106712597136638

こんな風に表にして書きましたが

t02200165_0800060012595985567

実際お子さんが産まれる頃って、ご結婚やら新築やらで、ご両親にお金に余裕がない事も多いですよね。

それを既にご経験なさってるおじいちゃんやおばあちゃんが

「よし!めでたいからじいちゃんがこの子に銀行印を作ってやろう!」
ってプレゼントされる場合も非常に多いんです。

お孫さんの誕生を心から喜んで、何か買ってあげたい。
でもせっかくだから親がなかなか買えないハンコを買ってあげよう!
だって一番大切な物だから・・・

なんて考えられてプレゼントなさるんです。

こういったお客様とお話をすると、ご出産って本当ご家族挙げてのお祝いなんだなと思わずにはいられません。

それからですね、おじいちゃん・おばあちゃんが内緒で

お孫さんの銀行印を作って、それでお孫さんの口座を作ってあげて、その中にご祝儀を入れてお母さんにいきなりプレゼント

なんて粋な方々も多かったですよね。

※現在はご本人確認ができないと祖父母様でも口座開設はできない場合が多いので予めご注意下さい。

またこんなお客様もいらっしゃいます。

おじいちゃん、おばあちゃん、ご両親、産まれたばかりのお子様とご家族全員でご来店頂いて

おじいちゃんが「俺から今度産まれたこの子に実印プレゼントしてやるんだ!」

なんて方も多いんですよ。

「産まれたばかりの赤ちゃんに実印は早くないんですか?」なんてお尋ねすると

「この子はいずれは俺の位牌持ちだ!俺だっていつまで生きられるか分からないからさ、ぴんぴんしてる今の内に作ってあげるんだよ。だってさ、この実印が俺の形見にもなる訳だからね。」

そんな想いになんかジーンときちゃうんですよね。

そんなお客様に私も育てて頂いてると言っても過言ではございません。

ただひたすら誰よりも上手にハンコを彫れるようになる事が目的だった職人時代から、お客様や親父に鍛えられ、ハンコにまつわる物語を今度は私がお客様に伝える事が目的に変わりました。

あるお客様がおっしゃってました。

「俺は親父にね、実印は命と引き換えに押せって言われたよ。だからね、鈴木さんに作りに来たんだ」

そんな想いに応えたい。

そして伝えたい。

だから今度は教えて下さい。
そんなあなたの実印にまつわる物語を。
それをみなさまにご紹介するのも私の使命ですから。

ピックアップ記事

  1. インスタグラムはじめました♡
  2. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  3. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  4. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

関連記事

  1. OFFICIAL

    【参考】鈴印の最高価格商品

    昨日のブログで、鈴印の各商品の最低価格をご紹介しました。となると次…

  2. OFFICIAL

    伝統と伝承、この意味の違いご存じでした?

    鈴印には毎日新しいお客様がいらっしゃいます。新しい出会いには必ず、…

  3. OFFICIAL

    ゴム印が剥がれても瞬間接着剤だけは絶対に使わないで下さい!

    こちらの内容は大幅にリライトしました。そのため上記のペ…

  4. OFFICIAL

    なぜ鈴印では象牙をオススメするのか?

    フェア第1弾がもう少しで終了・・・最後まで走りきりましょう!鈴印 鈴木…

  5. OFFICIAL

    「歳の印」動画続々で、当日の模様が丸わかり

    やはり時の人たちとの共演は、その後の反響も凄まじいですね!…

  6. OFFICIAL

    民生の彫り心地

    この度久々に民生を彫る機会に恵まれました。実印ですから当然彫刻面は…

sponsoredlink




archive

読者登録

latest

sponsoredlink



  1. ほぼ日記♡

    3連休初日、スカイツリーの混雑状況
  2. BLACK BUFFALO

    黒水牛が新しくなりました〜ブラックブレット〜
  3. お邪魔してきました

    オーダーグッズ・ビジネスショーには刺激がたくさん
  4. OFFICIAL

    ラポールメッセのメルマガ、鈴印編まとめ
  5. 鈴印新聞

    鈴印新聞Vol.5
PAGE TOP