田川の氾濫から3日経って

  1. SHOP STORY
  2. 130 view

時間が経つにつれてその凄さを感じる今回の台風19号です。
私自身もまずは自分のお店と、一目散に駆けつけて書いたのが先日のブログでした。
まあ正直、被害に遭ってなかった喜びが大きかったです。
ところが時間が経つにつれ周りの状況も分かり、いても立ってもいられないのが今の本音です。

田川の氾濫から3日経って

あの日の猛り狂ったような急流が嘘のように穏やかな現在。
欄干に絡まる草木だけが、当時の激しさを物語るかのよう。

普段生活していてもほとんど意識することがないのが、海抜。
もちろん川の流れなどもあるので、それだけで決まるワケではありませんが、やはり水は高いところから低いところへ流れます。
ここ宮の橋周辺は田川より高い東側に対して西側は低いですから、今回の台風での被害も西側に集中します。
ちなみに海抜を調べるサイトも見つけましたんで、貼っておきますね。

マピオン
調べたい場所の上で右クリックすると、その場所の海抜などの情報が表示されます。
たかが1メートルですけど、その差が今回は大きく影響したようです。

もちろん日頃お付き合いのあるご近所さんですから、当然人ごととは思えません。
その中でも特に大変だと思わされたのが飲食店さんで、泥を全て洗い出し、しかも保健所の調査が入って大丈夫と診断されないと再起できないんですって。
なんかもう、かける言葉が見つかりません。

自分で見られる範囲はそれこそ生活圏内だけではありますが、被災して完全に復帰しているところなんて、皆無なんじゃないでしょうか?
大きな道路は真っ先に整備清掃がされていますが、脇道に入れば明らかに住民が清掃した後。
店舗に至っては飲食店に限らず再開するのはなかなか困難かと思われます。
田川にかかる川田橋もなくなってしまいました。
宇都宮市からも被害状況が出ていましたが、いずれにしても大きな被害を物語ります。

最後に

いろいろな場所を見ているうちに、思わず足は、かの地に向かっていました。
どうやらここも無事だったようです。

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

カッティングシールの簡単な剥がし方☆

ココ最近はチョットづつチョットづつ店内の改装をしておりましてねでも悲しいことにワタクシ内装的な事は全くワカリマセンので苦労するんですよ!かと言って何でもかんで…

  • 30 view

親父の引き出しから出てきたモノ

親父の引き出しってタイトルに書きましたけど、実際は現在のワタクシのデスク。まあ元々はお店の入り口から手前に私が座り、奥に親父が座ってたんですけど世…

  • 1 view

お盆休み秘話?迷信の逆転の発送?

明日からお盆休みですね、鈴印 鈴木延之です。鈴印もご多分に漏れずご先祖供養のために、期間限定でお休みとさせて頂きます。80周年もの年月を営業し続けてきたご…

  • 4 view

昨日の下野新聞掲載の裏話

■昨日の下野新聞掲載の裏話もう既にご承知の方も多いかと思いますが昨日3月31日(日)に、ワタクシ鈴印代表と致しまして…

  • 1 view