CUSTOMERS VIOCE

ハンコを綺麗に押せた!今日はいいことあるかな?

ハンコにまつわる物語は千差万別。
私たち作り手とは違った、実際に使われる方々の話は非常に興味深いものです。
そんなお話を伺えましたので、ご紹介したいと思います。

ハンコを綺麗に押せた!今日はいいことあるかな?

先日とある飲食店さんで、カウンター越しに店員さんが話してくれた一言でした。

お店を経営していると、ゴム印だったり角印だったり認印だったりと、色々な種類の印を押します。
一番多いのは領収書なんかでしょうか?
一口にハンコを押すと言っても、それぞれに微妙に特性が違いますからね、全てを完璧に押すのは結構難しい。
それが分かっているから、1つ1つに集中してきっちり押そうとします。
なんですけど、朱肉やスタンプ台の付きが悪かったり、一部がかすれちゃったり、また曲がっちゃったり・・・
だからこそ余計に、全てが完璧に押せた時は「俺、今日乗ってる?」って感覚になるのかもしれません。

やはりハンコって、誰しもが縁起を担ぐツールなのかもしれませんね。

綺麗に押すコツ

実際に私も全ての印を完璧に押せるか?っていうと、多少の準備とテクニックは必要になります。
具体的にチェック項目を挙げるなら、ハンコ自体が汚れていないか?朱肉はカスレがちじゃないか?押すスペースは合っているか?などですね。

まあ細かく言うと、角印や認印などの朱肉をつけて押す印と、ゴム印のようにスタンプインクをつけて押す印は、微妙に異なりますからね。
文章で書くより動画見ちゃった方が分かりやすいと思うので、詳しく書いてる過去のブログ貼っておきますね。

最後に

最近は印刷で済ませている場合も多いと思います。
もちろん鈴印でもケースバイケースで使い分けていますので、効率化を考える意味では必要です。
でもそれなのに敢えてハンコを押すって、1番のメリットは手作業の良さだと思います。
手作業って全てに温かみがありますからね。
それが相手にも確実に伝わります。
特に領収書は相手の手に渡って後で確認される、それはまるでお店の営業マンとも言えるツールですからね。

それが気持ちいいほど真っ直ぐ綺麗に押されていたら、もらった相手も気持ちいいはず。
こんなお店ならまた行こうかな?
なんてね。

そう考えますと、ハンコを綺麗に押せた時にいいことがあるのは、今日ではなくて、次回なのかもしれません。

 

 

ピックアップ記事

  1. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  2. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  3. インスタグラムはじめました♡
  4. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

関連記事

  1. OFFICIAL

    実印は、自分を分かりやすく表現する手段

    極論を言えば、実印は三文判だって登録さえできれば契約上は問題ありません…

  2. OFFICIAL

    一枚のハガキにこめられた物語

    みなさんお手紙を書くことってありますか?最…

  3. 法人実印

    とあるお客様の言葉

    ☆本日のお客様☆じゃないお客様の言葉!今日は☆本日のお客様☆じゃあ…

  4. 印鑑よもやま話

    憂いてから備える?憂いない様に備える?

    本日はお客様の言葉です。妙に納得してしまったので、ご紹介したい…

  5. BLACK LABEL

    鈴印オリジナル「BL朱肉」をお求めいただいたお客様の声

    先日より発売開始の鈴印ブラックレーベルオリジナル商品B…

  6. CUSTOMERS VIOCE

    本物を届けたい

    昨日はとある講演会に参加してきました。講師は聞けば誰でも知っている…

sponsoredlink




archive

読者登録

latest

sponsoredlink



  1. 実印

    オーダグッズビジネスショーでカーボン印鑑発見!
  2. MOBLOG

    レプリカ♡
  3. MOBLOG

    七五三♡
  4. MOBLOG

    排骨担々麺ダイエット♡
  5. EVENT

    はんこの美/2017印章展北陸(金沢)に参加してきました〜本編全印協編♡
PAGE TOP