JS会創立40周年記念式典に参加してきました

イベントの記録

先週末は名古屋で行われた、鈴印も所属するJS会の創立40周年記念式典に、私も会員として参加してきました。

 

 

JS会とは

ちなみにJS会とはなんぞや?ですが、それは上記リンクを引用させていただきます。

 

JS会は、全国の有力印章店35社の加盟により、印章業経営に役立つ情報交換と研修、共同事業をおこなう団体です。

コンピュータ技術が社会インフラと印章製造の両面で普及した現在、印章業は大きな変化の波にさらされています。捺印機会の減少、偽造印犯罪、ネット通販、業界のボーダレス化……。さらに新世紀は心の時代とも言われ、顧客や従業員への対応、地域社会への貢献など、物心両面の経営視点が求められます。

JS会は、そういった最先端の課題に取り組むと共に、同業者同志の親交を深め、経営者の立場で支え合うコミュニティです。

JS会公式サイトより

 

鈴印も約10年ほど前から参加させていただき、当時はまだ経営者でもなかった私もこちらの会から得た影響や結果は計り知れず、現在もこうして印章業を営んでいられるのも、この会のおかげと言っても過言ではございません。

とにかく業界を代表する物凄い方々の集まりですからね。

 

そのJS会がこの度創立より40周年を迎え、それを記念して盛大な記念式典を開催しました。

 

 

JS会創立40周年記念式典

多数の業界関係者がお集まりの中、代表幹事の挨拶から始まり、先日行われた記念事業「歳の印プロジェクト」の発表。

歳の印プロジェクトに関しては私も当日参加し、またブログにも書いておりますのでそちらをどうぞ


あのヨシモト∞ホールで、まさに時の人である芸人さんによる今年の「歳の印」の発表は、JS会による40周年記念事業でもあったんですね。

ちなみにテレビでは14番組に取り上げられて26回オンエアされ、新聞やWebメディアは合計263媒体に掲載されるという、昨年一年で最も露出したPRイベントとなった模様です。

 

いやはやおそるべし!

 

またご列席いただきました多数の業界関係者の方々にも改めて御礼申し上げます。

ここだけの話私自身あまり皆様にご挨拶に伺えなかったのは決してシャイだからではなく♡特に要人である方のご接待を仰せつかっておりましたので、ご了承いただけましたら幸いでございます。

このブログ、見てる人多いようなので一応♡

 

 

二次会等

さてさて、場所は変わって二次会・・・

 

まさかのレッドサプライズでまさにオリンピックさながらの盛り上がりを見せた宴の席ではございますが♡

何度見直しても酔っ払っていたずらでFacebookに投稿してしまったような写真しか見当たらず、会の沽券に関わっても困りますのでやむなく割愛させていただきます♡

 

代わりに昨年流行のインスタ映え同様、とりあえず無難な、食べ物の写真のみを乗せてこの場を凌ぎたいと思います。

 

画像の加工は一切しておりません。

インスタ映えの意味分かってんのか♡

 

 

最後に

当日記念品をいただき、開けてみて感激。

なんと!

 

今年の「歳の印」を、1つ1つ見事に手押しされた印影の表装のプレゼント。

ただでさえ押すのが難しい密刻と呼ばれる歳の印。

それを御列席者全ての分を押されたかと思うと、そのご尽力に脱帽です。

ちなみに鈴印店頭にも設置しましたので、ご来店の際はぜひご覧くださいませ。

 

またこの壮大なプロジェクトを仕切られた実行委員の皆様のご苦労も想像を超えます。

本当お疲れ様でございました。

今頃きっとゆっくりと大きな充実感と、素敵な余韻に浸られていることでしょう♡

 

 

最後に、昨日(日曜日)夕方無事帰宅。

玄関を開けて「ただいま〜」

「・・・・・・・・・・」

 

誰からも返事がなく一瞥もされなかったのは・・・ここだけの話です♡

子供は正直です♡

 

 

 

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. ソールドアウトのお知らせ

  2. 特別国際種事業者登録更新をしました

  3. ご存知ですか?「印鑑」は「はんこ」の丁寧語ではありません

  4. 画数が多い字と少ない字、彫るのはどっちが大変?

  5. ドコモケイタイとの戦い♡#3

  6. 儀式の効能

  7. ポケットチーフがない♡

  8. キャッシュレスの功罪♡

  9. ドコモケイタイとの戦い♡#2

  10. 痩せたいなら飲み会に行った方がいい理由

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. オンライン相談について

  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  3. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  4. 実印製作のオンライン相談はじめました

  5. オールインワンミニ誕生

  6. なぜ実印は成人の際に、親から子へ送られてきたのか

  7. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  8. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  9. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  3. 3

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP