結局メモはApple純正のメモが一番便利じゃないか

ほぼ日記♡

整理整頓が苦手なワタクシ。

それは部屋やデスク周りのみならず、資料もそう。

しかもメンドくさがりなんできちんと整理もできず、なのでこうしてPCで作った資料なのか、ノートに書いたのか、気がつくとあちこちに散らばって収集不能。

 

なので一本化しようとiPad Proを買ったワケっす。

 

 

iPad Proは便利だったが使わなくなった

ノートを持ち運ぶのをやめて、全部iPadに手書きで書いちゃおう!

そんなワケでiPadを持ち歩く日々。

打ち合わせではiPad出して、ノートテイク。

当社は会議等で配られる資料の書き込みも、iPadで写真撮ってPDFにしてApple Pencilで書き込もうなんて意気込んでたんですけど、写真撮って・・・ともたもたしているウチに会議は進行。

気がつけばまた、配られた資料に要点を書き込んで、持ち帰って・・・シュレッダー♡

捨てんな♡

 

そうして気がつくと今度は、iPadを持っていくのを忘れる♡

いつも張り切るのは最初だけ♡

 

だってこの間ね、iPadに手書きで書いた内容を見返そうを探していると、今度は見つからないんですよ。

基本普段PC使ってる時って「検索」じゃないっすか?

それが手書きの汚ったねー文字じゃ検索不能。

 

なんかですね、色々できるのに何をどうしていいか決まったなかったらから、結局使わなくなってるの巻♡

またか♡

 

 

なかなか高価なiPad Proでもありますし、宝の持ち腐れはもったいない。

だからなんとか活用しようと、改めて色々調べてみました。

 

 

出先で最速で自由に書いて、あとで編集して整理したい

iPad Proの手書きの最大の魅力は、その場で適当に書けること。

PCのテキストだけだとなかなかどうして制限がありますからね。

で、できれば簡単にバックアップが取れて、かつ簡単にMacと同期して編集できたら最高。

だって文章はもはや書くより打つ方が早いですし、何よりあとで読み返して読める♡

 

判読不能♡

 

なので、まずはやりたいコトを箇条書きにしました。

【出先編】

  • 出先で使う
  • 基本的にはキーボードでテキスト入力
  • 一部を手書きで書く
  • 配られた紙の資料や写真をその場で取り込む
  • その資料や写真に手書きで書き込む
  • 簡単に同期
  • ※手書きが自動的にテキスト化されたらなお良い

 

【帰ってから編】

  • 簡単に同期からMacで編集
  • 編集した後にフォルダ分け

 

こんなトコかな?

まずはソフト、つまりアプリですよね。

今まではこれが定まってなかったんで、結局あちこちのアプリに書いてどこかに消える♡

なので上を全部クリアできるのを探そうと色々調べていると、結局たどり着いたのは、純正アプリ。

まさかの♡

 

だってiPhoneでもiPadでもテキスト入力できるし、おまけに手書きもできる。

当然その場でiCloudに同期されてて、Macでも簡単に見られる。

なぜこれを使わなかったのか?って感じでした。

 

おまけにiPadで手書きで書いても自動的にテキストに変えてくれるアプリも発見!

『MyScript Nebo

 

あとは後日のMacでの編集も、メモを例えばPagesとかにコピペすればフォルダにも入れられて整理整頓もできますしね。

するかどうかは別として♡

 

 

最後に

ま、そんなワケで方向性が定まりました。

そこで1つ気になるのが、ぺんより早いキーボード入力。

当然iPadのタッチキーボードで同じ速度は無理。

 

そんなワケで・・・

 

 


また買っちゃったイイワケか♡

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  3. 3

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  4. 4

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP