上手に押すコツ

ハンコをまっすぐ押す裏技

「ハンコをまっすぐ押すのが苦手なんです。」

ご安心ください、密かに私も苦手です。

逆にまっすぐ押すのが得意な人を私は知りません。

 

鈴印では彫刻した印章は精度の最終確認も合わせて、一度捺印してからお渡ししています。

その際もやはり一発でまっすぐ押せることって、残念ながら少ないんですね。

でもある方法を利用するコトによって、誰でも確実にまっすぐに押せるようになります。

 

今回ご紹介する方法は親父から教わったので、どこまで知られているのかは甚だ不明ですので、お役に立てましたら幸いです。

 

 

上下の印があればまっすぐ押せるのか?

実印って上下の印がない場合が多いです。

これは「押す時に上下をしっかり確認してから、慎重に押してください」なんて意味があると言われているからです。

でも最近は、印のある材料も増えてきました。

まあ慎重に押すのと、正確に押すのは全く意味が異なりますから、それぞれのお考えでよろしいかと思います。

 

しかし、果たして上下の印があればまっすぐに押せるのだろうか?

実は印があってもまっすぐに押せるとは限りません。

理由は簡単。

 

押す時に印は手の中に隠れて見えないからです。

それに印ってほとんどが材料の中央部分にありますよね?

だから距離的にも遠くて、正確さに欠けます。

 

だから印の役割は「こっちが上というおおよその目印」にしかなり得ないため、正確にまっすぐに押すための印とは意味合いが異なります。

 

 

ハンコをまっすぐ押すための裏技

裏技はとっても簡単。

朱肉を上につけるだけ。

 

参考に方法ですが、彫刻面を見ながら上の部分に朱肉をこすりつけます。

 

実際に印面側から見るとこんか感じになってます。

印が若干右に傾いてるのが分かりますかね?

 

なのでその傾きをイメージしながら捺印します。

 

これなら捺印する場所と直の位置ですから、正確に角度が分かります。

そして何度か押して角度のズレを正確に認識してから、正式な書類に捺印します。

 

※ついた朱肉を放置すると素材によってはシミになりますので、直ちに拭き取ってください。

 

 

まとめ

なんでもそうですが、からくりが分かれば誰でも簡単にできます。

だから裏技って言うんでしょうね。

 

やはりハンコはまっすぐ正確に押したいってご要望が非常に多いです。

人によっては「印の曲がりは心の曲がり」なんて言うくらい、重要視されます。

 

ちょっとしたコツで気持ちが良いほどまっすぐ押せますからね。

あまり関心のなかった方も一度試してみてください。

 

あっ、そうそう

1点だけご注意ください。

 

100円の朱肉だと、色が薄くて見えません♡

ピックアップ記事

  1. インスタグラムはじめました♡
  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  3. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です
  4. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  5. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!

関連記事

  1. 朱肉

    朱肉の器がすごい、でも中身がいまいち。そんな時は中身だけ交換しちゃいましょう!

    最近はどうなんでしょう?以前は何かの記念に朱肉をプレゼントされる団体さ…

  2. OFFICIAL

    ホームページリニューアルを記念してフェアを開催します

    この度ホームページを完全リニューアルしました。鈴印ホームペ…

  3. ORIGINAL

    練り朱肉メンテナンスへら発売開始

    以前、練り朱肉のメンテナンス方法をご紹介しました。なんだかんだで月…

  4. OFFICIAL

    昇進の贈り物こそBLシリーズが最適です

    4月になり、多くの方々が昇進や昇級などのステップアップをなさってるかと…

  5. OFFICIAL

    これさえ買っておけば間違いない!鈴印オススメの朱肉です

    ハンコの印象を決めるものって何かご存知ですか?ハンコの印影の印象はその…

  6. OFFICIAL

    練り朱肉を誰でもかんたんに綺麗に押すコツ

    朱肉には大きく分けて2つの種類があります。多分みなさんにも…

スポンサードリンク



最近の記事

  1. OFFICIAL

    オールインワン、新登場
  2. 鈴印新聞

    鈴印新聞Vol.6の裏話
  3. 鈴印新聞

    鈴印新聞vol.8はアペックスさんとのコラボ
  4. LEATHER

    毎日使うモノだから、マウスパッドは変化を楽しみたい
  5. 鈴印の大切なお客様 from Facebook

    #049 鈴印の大切なお客様
PAGE TOP