OFFICIAL

枠が欠けたハンコを使っていて失うもの

ハンコのトラブルで一番多いのは枠の欠け

ハンコにまつわるトラブルは様々ありますが、一番多いのはこちら・・・

「枠が欠けてしまった」

枠欠け

 

みなさんそんな時どう対処されていますか?

気持ち悪いから面倒でも作り変える?

「別にいいんでしょ?欠けてたって使えるんでしょ?」ってそのまま使い続けています?

 

参考にですが、枠が欠けてしまった場合は新たに作り直すしかありません。

欠けた部分だけの補修は残念ながら構造上できません。

欠けた部分だけの補修ができない理由はこちらから

 

また、全く同じハンコを彫ることは印章の偽造として刑法167条で禁止されているため、できません。

そのため欠けた実印や銀行印を変える場合は、新たに作って再登録をしなければなりません。

 

では実際に枠の欠けたハンコを使い続けると一体どんなコトが起こりうるのかを以下にご紹介していきたいと思います。

 

 

枠の欠けたハンコを使っているとお金を失う?

まず一般的によく言われるのがこちら。

「銀行印の枠が欠けていると、そこからお金が逃げる?」

まあ根拠のなさそうな考えですけど、あながち間違ってもいないのです。

というのは、この件に関して調査してみたんですよ。

対象は店頭のお客様や銀行員さん。

 

まとめてみますと「枠が欠けている印鑑をそのまま使っている人は、大雑把な人が多い」傾向が分かりました。

という事は逆に「枠が欠けてちゃまずい」って気にされる方は、お金の出し入れなどの細かい部分にも気が回り、お金が溜まりやすい。確かにお金持ちの人ほど、お金に細かい・・・って昔から言われませんか?

 

 

枠が欠けたハンコを使っているとチャンスを失う?

さて、ここまでは嘘か誠かあまりあてにならない話でしたが、ここからはちゃんと司法書士さんに伺った事実に基づいた話になります。

 

一通りのお話を聞いた私が最初に思った結論は「枠の欠けたハンコを使用することは機会の損失である」でした。

では具体的なシチュエーションをご紹介しましょう。

 

それは不動産の売買契約。ご存知のように不動産売買契約は国家行為になります。

つまり契約の最終責任者は国。

管理するのは国の責任者でもある法務局になりますから、それこそ書類等のチェックはものすごく厳しいです。

実印の枠が欠けているだけで「これは同一とは認められません」と書類が差し戻される場合も多いそうです。

厳しい担当者になると印面にゴミがついて不鮮明箇所があるだけでアウトです。

でもこれは仕方ありません。

だってもし万が一違った実印での契約を認めてしまった場合、最悪、国家賠償責任が発生する場合もありますからね。

 

そのため代理人でもある司法書士さんも慎重になります。

実印の枠が欠けているだけで「これだとちょっと・・・」と認められない場合も出てきます。

もちろん、新たに実印を作り直して、登記し直して、契約書を作り直せば契約は成立しますよ。

しかし実印を作るにも、登記をし直すにも、契約書を作るにも時間が掛かります。

 

そして一番難しいのは、改めて契約関係者全員を集めるタイミングを設けることなんです。

現代は皆さん忙しいです。

幹事を務めたことがあれば分かると思いますが、全員が揃うタイミングなんて奇跡みたいな確率です。

すると当然契約の席に揃うのに1ヶ月以上掛かったりはザラです。

 

つまり機会の損失。

 

別に急いでいない契約なら問題ありませんよ。

しかしこれがビジネスチャンスだったら?

ビジネスの第一線は1分1秒を争う世界です。

それが1ヶ月も掛かってしまったら?

これ以上のご説明は不要だと思います。

 

 

まとめ

私の父はよく「一事が万事」と申しておりました。

細かい部分にまで気がつく人は、どこまでも気がつきますし、そうでなければどこまでも・・・

 

1つの契約を履行するためには多くの方々の時間と手間が発生します。

だからこそ、その方々に対するリスペクトの気持ちが契約の席には現れます。

確かにハンコは枠が欠けていても使える場合もありますよ。

でも実印本来の一番の役割である、大きな取引でご自身の意思を示す担保に使えなくては意味がありません。

 

契約とは信用取引です。

誰だって信用できない人と大きな取引なんて怖くてできませんからら、そのためのまさに、備えあれば憂いなし。

 

もしかするとハンコの枠が欠けて失うものは、お金でもなく、チャンスでもなく、何よりも大切な信用なのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. プレミアムチタン印鑑の素材全て
  2. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  3. インスタグラムはじめました♡
  4. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

関連記事

  1. OFFICIAL

    消印は使用済みの印・・・の他にも意味があります

    先日、テレビではんこの話が取り上げられていましたね。池上彰のニュー…

  2. OFFICIAL

    これで丸わかり、シヤチハタ印のインクの補充方法【完全版】

    みなさんお使いのシヤチハタ印とっても便利なんですがね、トラブルもなくは…

  3. OFFICIAL

    元号が切り替わる時に欠かせないもの

    なにやら身の回りが騒がしくなってきました。「出るぞ、出るぞ」「来る…

  4. OFFICIAL

    ハンコ屋さんが考えた朱肉の(大)サイズが出来ました

    おかげさまで大ヒット商品鈴印BL朱…

  5. OFFICIAL

    ワールドカップ応援ポスター完成の真相☆

    昨日Blogにてこちらの画像をご紹介致しました。 が、致しました所、鈴…

  6. OFFICIAL

    新しいホームページは高級で質の高い法人の印鑑も各種取り揃えております

    新しく生まれ変わった鈴印のホームページ。これまで個人様向けの印章の…

sponsoredlink




カテゴリー

archive

読者登録

latest

sponsoredlink



  1. ほぼ日記♡

    まねかれざるお客様
  2. OFFICIAL

    新しいホームページは高級で質の高い法人の印鑑も各種取り揃えております
  3. OFFICIAL

    ひらがなの実印は印相体がオススメです
  4. MOBLOG

    納品♡
  5. OFFICIAL

    印鑑のキャップが抜けなくなった時の応急処置
PAGE TOP