本物の畳に変えると部屋のプレミアム感が増します!

ほぼ日記♡

今まで黙っておりましたが、実は密かに私の奥様の実家は、凄腕の畳店さんです。

本日自分たちの住む家の畳を張り替えていただき、驚くほどの違いに感激したので、どうしてもブログに書きたくなってしまいました。

 

 

本物の畳に変えると部屋のプレミアム感が増します!

今回痛感しました。

これまでの畳は、畳であって本物の畳ではない。

もちろん偽物じゃなけど、本物じゃない。

 

これまでの畳は諸々の理由から奥様の実家に頼めず、元請けに業者一括でお願いせざるを得ませんでした。

私は当然、畳の目利きなどできるはずもありませんから分かりませんでしたが、奥様曰く「縁も地味だし隙間だらけでなんじゃこりゃ?」

確かによく見るとテキトー感満載の代物でした♡

 

ま、こういったのって文章にすると分かりづらいので、写真をご覧いただきましょう。

before

after

ね!

ここまで違うんです。

 

色も奥様指定のフローリングに合わせたグレーで、今流行りの和紙で花格子模様。

よく見ると一枚一枚網目の角度を変えてるから、同じ色でも光の当たり方や角度で違った色に見えるんです。

そしてワタクシが一番驚いたのは・・・ぴったり!

全く隙間なく完璧にぴったり。

プロからしたら当然なのかもしれませんが、違うトコロで採寸して違うトコロで作るワケでしょ?

なんでぴったり合うの?

 

そういえばお義父さんは以前こんな風に話されていました。

「畳は最初の採寸が命」

そういえばウチの親父も言ってました。

「ハンコは最初の字割が命」

 

 

お義父さんと親父の話

色々思い出されたんで、せっかくですから。

わたし達の結婚前、家族同士集まって飲む機会も多々ありました。

そこでいつもお義父さんと親父は意気投合。

だって職種は違えど、全く同じ経営方針を貫いていたのですから。

 

「良いものをこだわって作ればどうしてもコストは高くなる。でも手抜きしたり妥協した品は納めたくない。だって長く使ってて困るのはお客様だから。やっぱり真面目に良いモノを提供し続けないと」

いつも親父が言ってるのと同じ話をお義父さんから聞かされると、不思議なモノで素直に聞けます。

 

やっぱ色々あるのはどの業種も一緒ですね。

ずっと納めてたトコロからしばらく注文が来なくなる。そしてしばらく経ってまたお問い合わせ。

聞けば「すみません、他で凄く安い所があってお願いしちゃったんですけど、いや〜使ってて全然違っちゃってて困っちゃって、またお願いできますか?」

全く同じ♡

 

いやよくもまあ、お互いの両親が全く同じコンセプトの商売をやっていたコトに物凄く驚いた瞬間でしたね。

 

 

まとめ

わたし自身、畳はとっても大好き。

学生時代はフローリングに憧れましたけどね、直接床に座る習慣のある日本人にはやっぱお尻に優しい畳が最適。

やっぱソファーより畳のごろ寝が好き。

だから20代の時はフローリングの部屋でしたけど、30代はずっと畳の部屋に住んでました。

だってフローリングに座椅子で座ると、かかとが痛くなっちゃうんだモン♡

使い方間違えてる♡

 

なので個人的に最高峰の部屋は、畳にこたつ。

 

畳店さんは、これから年末にかけて忙しくなるそうですよ。

やっぱお正月前に畳替えって、とっても多いんですって!

なのでもし気になったあなた、この機会に畳替えはいかがでしょうか?

 

堀川たたみ店のお問い合わせはこちらから

 

もちろんワタクシからもご紹介させていただきますので、ご連絡ください。

 

本物の畳をあなたのご家庭にもぜひ!

鈴印

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜 鈴木延之 代表取締役:株式会社鈴印 1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡ 一級印章彫刻技能士 宇都宮印章業組合 組合長 栃木県印章業組合連合会 会長 公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

sponsoredlink




鈴印

鈴印

1974年生まれ。 A型Rh(+) 1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、はんこ(印章)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。 ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・ だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. ソールドアウトのお知らせ

  2. 特別国際種事業者登録更新をしました

  3. ご存知ですか?「印鑑」は「はんこ」の丁寧語ではありません

  4. 画数が多い字と少ない字、彫るのはどっちが大変?

  5. ドコモケイタイとの戦い♡#3

  6. 儀式の効能

  7. ポケットチーフがない♡

  8. キャッシュレスの功罪♡

  9. ドコモケイタイとの戦い♡#2

  10. 痩せたいなら飲み会に行った方がいい理由

  1. オンライン相談について

  2. オールインワンミニ誕生

  3. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  4. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  5. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

  1. オンライン相談について

  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ

  3. 印鑑の用途別オススメのサイズ

  4. 実印製作のオンライン相談はじめました

  5. オールインワンミニ誕生

  6. なぜ実印は成人の際に、親から子へ送られてきたのか

  7. 【鈴印公式】実印は親から子への贈り物ムービーが完成しました

  8. 鈴印の公式ブランドムービーが完成しました

  9. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です

ランキング

  1. 1

    親展の意味を知らないと、めっちゃ怒られるかもしれませんよ

  2. 2

    領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由

  3. 3

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

  4. 4

    落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

  5. 5

    捨印って押していいの?押さない方がいいの?

TOP