OFFICIAL

こうなった朱肉は思い切って中身だけ交換しましょう

たまに断捨離なんかしたりしますと、久しぶりの品々が出てきます。
立派な器を見つけ、中身が朱肉だった経験なんてありませんか?
昔は記念品や贈答品に練り朱肉を選ぶ企業さんなんかも多かったんです。

なんだけど実際使ってみようとして押してみても、よく写らなかったりしませんか?
これにはちゃんと理由があるんです。
なので実際の状況と合わせて理由なんかも書いてみたいと思います。
2016年4月5日に書いたブログですが、リライトして2018年6月15日に公開しました。

 

こうなった朱肉は中身だけ交換しましょう(2パターン)

1.カチカチに固まる

ペンなどの硬いもので突いてカツンカツンと硬い状態ですと、我々でもメンテナンスのしようがありません。
完全に油分が抜けて硬化していますので、柔らかくできないんですね。
そのために朱肉ごとそっくり交換するしか方法がありません。

2.べちゃべちゃになる

印をつけてもベチャベチャで埋もれ捺印も滲んでしまうような場合も交換になります。
原因は元々の成分だと思われますが、安定した捺印を想定していない朱肉の場合、余分な混ぜ物も多くぐちゃぐちゃ。
こちらも水分なのか油分なのか分かりませんが、余計なものだけを取り除いて安定させるのは不可能です。
そのためそっくり交換になります。

 

交換する理由

交換する理由はここだけの話ですけど、何かの記念にする場合贈った相手に価値が分かりやすいのは器です。
そのため同じ予算があったら器に大きく配分します。
そして肝心の朱肉のコストを削る場合が多い。

朱肉の良し悪しって、やはりそのまま価格に表れてしまいます。
朱肉自体の状態が安定して、かつ印影が長く変色しないのが、良い朱肉です。
そして逆に硬すぎたり柔らかすぎる朱肉は、安いものが多く、せっかくの練り朱肉なのに普通のスポンジ朱肉の方が綺麗に押せちゃったりもするんです。

そのためせっかく器が良いのに中身がどうにもならない場合は器を活かし、中身だけそっくり交換すれば外見も中身も素晴らしい朱肉に早変わりします。

 

朱肉の交換の裏話

せっかくなんで朱肉の交換の裏話をしちゃいますと、ようは詰め替えです。
小分けできるような大きな朱肉があって、それを器のサイズに合わせて手作業で詰め替えます。
ただ詰め替えって言っても、ただ入れ替えただけじゃ使いにくいですから、きっちり整えますよ。

一応その整え方は動画もありますので参考に。

 

最後に

良いものは長く大切に使うべきです。
今回の朱肉に関しては、器は良いものですから長く使うべきだと思います。
逆に悪いモノはここでは朱肉。
悪いモノを長く使うと不具合でストレスが溜まります。
だからちゃんと新調して、綺麗な捺印と共に余計なストレスも解消しちゃいましょう。

朱肉の目的は、印章の印影を綺麗に写すコトです。
傷んだ朱肉は、その本来の役目を果たせません。
我慢して写らないのをイライラしながら押すより、思い切って交換して生まれ変わらせましょう!

 

価格は量によりますが、だいたい2000円〜3000円くらいです。
詳しくは一度器ごとお預かりし、中身を見てお見積もりもお出しします。

朱肉交換のお問合せはこちらから

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 署名捺印に必要なアイテムが揃ったオールインワンが人気です
  2. 直筆サインをハンコにする場合の流れ
  3. 世界初、フルカーボン印鑑 発売開始!
  4. インスタグラムはじめました♡
  5. プレミアムチタン印鑑の素材全て

関連記事

  1. OFFICIAL

    M-1準優勝「和牛」さんがヨシモト∞ホールで行われた「歳の印」捺印式の全貌

    みなさん日曜日のM−1はご覧になりましたでしょうか?激戦の末見事、…

  2. OFFICIAL

    エルシーアールさんのメルマガ「ラポールメッセ」に2回目の登場

    先日9/9、とあるメルマガにコラムを書かせていただきました。い…

  3. OFFICIAL

    事業承継・・・

    全ての事業を始めるに当たって、最初に必要となるのが実印です。ですから、…

  4. OFFICIAL

    実印は我が子の未来へのメッセージ

    実印はわが子の未来へのメッセージまた大切なお客様から熱いメッセージを頂…

  5. OFFICIAL

    朱肉のインク補充方法と、絶対にやってはいけない注意点

    「最近ハンコの写りがよくないんだよね?」そんな時朱肉を疑っ…

  6. TROUBLE SHOOTING

    ゴム印が剥がれた時の対処法

    2018生活していると何らかの問題はどうしても発生するもんです。で…

スポンサードリンク



最近の記事

  1. IVORY

    象牙の喧嘩札はそんな簡単にできません!
  2. INTRODUCTION

    日々、もみじに初登場☆
  3. 鈴印の大切なお客様 from Facebook

    #084 鈴印の大切なお客様
  4. 鈴印の大切なお客様 from Facebook

    #192 鈴印の大切なお客様
  5. THOUGHT

    ブログを書く時間の作り方(鈴印の場合)
PAGE TOP