• ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612
  • ni-minsei-3612

【民生】象牙認印36×12ミリ金丹サヤ付+ワニ革牙蓋肉池ケース付

【こちらの商品は1本限定です】

今は亡き象牙の象嵌士「山崎民生(みんせい)」さんによって取り出された印材。
最も有名な象嵌士でもあり、また文化功労者賞を受賞された民生さんが手掛けた印材は、証としてその名と花押が彫り込まれ、現在ではほぼ全て入手困難となっています。

●印材の特長
印面の直径は認印に最適で銀行印としても使いやすい12ミリ。長さは通常の60ミリに比べて大幅に短い36ミリ丈。
金丹と呼ばれる上下の印が入り、鞘と呼ばれるキャップも付いています。

●ケースの特長
デッドストックの多くはケースの痛みが激しいため新たなケースに交換してますが、こちらは仕入れたそのままを使用しています。
理由として表革が経年により光沢が増しているワニ革。そして何より朱肉を入れる部分の肉池の蓋に牙蓋が付いているためです。
牙蓋は今では新たに入手できないため、非常に貴重品となっています。
ワニ革部分に若干の傷等が見られますが、その分は価格に反映させていただきました。

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

非常に綺麗な状態を維持し、大切に保管されていたのが見た目にもよく分かります。
よくよく目を凝らすと、なんとなく色やけをしているようにも見えますが、全く気にならないレベルです。

 

印の素材の最高峰は今も変わらずに象牙であることは言うまでもありません。捺印した際の印影は、鮮明かつきめ細やか。時間の経過と共に美しさを増していく様は、象牙をおいて他には存在しません。
また天然材特有の品質は初代より「象牙の品質はお店の信用」の言い伝えを元に、全て店主の目利きを担保にし、国内最高峰の素材のみを厳選して安心を提供します。
いずれも他ではなかなか手に入らない至極の一品。
本物は歴史が証明しています。

 

印材のサイズ:長さは36mm丈。直径は12ミリ。
ケース:ワニ革(内側:和柄×赤・牙蓋肉池)ケース付
彫刻内容:お苗字もしくはお名前のみとさせていただきます。

 

納期は通常1週間程度、イメージチェックありで2週間程度頂いておりますが、お急ぎのお客様には十分対応できる体制をとっております。どうぞご遠慮なくご相談ください。
象牙材は現在輸入がストップしております。国内の在庫量の関係でサイズ・ランクにより多少の価格のバラツキがありますが、ご了承下さい。

種の保存法に基づき、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)経済産業省 登録番号 T-3-09-10013として環境省及び経済産業省管轄のもと、ルールに基づいて象牙印鑑、材料の取り扱いを行っておりますので、安心してお求めください。

 

通常価格     ¥130,000

販売価格(税別)
¥80,000
在庫状態
売り切れ
個人認印書体
作成するお名前
イメージチェック
売り切れ

こちらもおすすめ

¥0
ji-zg1-001
¥55,000
¥0